自分軸で、もっとラクに楽しみながら行動する方法☆力業から神業へ

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座


ブレない自分軸で

天職に生きるための
【習慣化コーチ】

鈴木みつこです。

あなたは、

これこそが
自分の天職かも!

と見出したものの

こうすればいい、
と アドバイスを受けて

次にやるべきことは
わかって
いるんだけど

動けない、、、

なかなか 腰が上がらない
ということは ないですか?

今日は、
天職に生きるための
習慣化の中でも

感情習慣、
ビリーフ、本質に関連する

力業(ちからわざ)から
神業(かみわざ)へ

について お話をします。

*************

わかっているけど
動けないとき

根性や意志の力で 
がんばるんじゃなくて

もっとラクに 楽しみながら
行動する方法があります。

それは

自分の
「感情」と
「 潜在意識」を

味方につけて行動する、
ことです。

すると、いままでは 

力業(ちからわざ)で 
無理やり 自分を動かし
やっていたことが 

自分の内側と
折り合いがついて

スッと力が抜けて
穏やかに ゆだねる境地、

神業(かみわざ)へ 移行していきます。

なぜ 自分の「感情」と
「潜在意識」を 
味方につけることが
大切かというと、


「感情」
は、自分が 

自身の軌道にのっているかどうかの
センサー
であり、

(モヤモヤするなら なにか 
 ズレている、違ってる証拠)

「潜在意識」は、あなたを 目的地に到着するために
自動操縦で 連れて行ってくれるような
カーナビ・システム
のような ものだからです。

人間は 「感情の動物」と 
よく言われますよね。

それは、「感情」が 人間の行動の
「最大の動機」となるものだからです。

あなたは、こんなふうに 
感じたことって
ありませんか?

「(相手が) 言っていることは正しい、
 論理的にも 正しい、
 でも (相手の)言葉が 心に入ってこない、響かない、
 ゆえに 自分の感情は 動かない、
 だから 行動する気持ちにならない」

わたしは よくあります。

以前、夫と 
子育てや家事のことで
夫婦喧嘩をするたびに

同じような ことを 
強く感じていました。

また わたしは
2011年に起業してから
ネットショップのオーナーをしています。

物販などの
お仕事をされている方なら
一度は 聞いたことが
あるかもしれませんが、

「人は感情でモノを買う」と 
言われますよね。

とくに 趣味性の高いものや
高額商品などはそうですが、

お客様は 製品の特徴や
機能を理解しただけで、
購入を決められることはありません。

(もちろん ロジカルな説明
 それも必要です)

でも
そこに、未来を先取りするような
「感情」「感動」「体験」がともなって、

初めて、「買いたい」と思います。

文字通り、
「感じる心が 動く」

なにか「感情」に
訴えるものもの、

「感動する」心に響く、
届くものがあるから

「購入する」という 
実際的な行動に 結びつくわけです。

それと同じことが 
自分の行動にも いえます。

人は 何か
大きな目標や夢に向かって行動する、

さらに それを継続するためには

「思考」と「行動」+『強い感情』が 必要となります。

「思考は現実化する」
とよく言われますが、

残念ながら
「思考」と「行動」だけでは、
大きな物事は 成すことは できません。

できたとしても、
ものすごい時間と
労力が必要になり、

最終的に、これが 
自分の望んだものだったっけ?

と 愕然と する場面に 
たどりつく場合も ままあります。

でも、そんな回り道をせず、

力業(ちからわざ)や 
根性で 前に進むのではなく、

ショートカットして、
力を抜いて、神業(かみわざ)的に
前に進んでいく方法もあります。

それが、
あなたの「思考」に
「強い感情」を
プラスすることなんです。

なぜなら、
強い感情を伴った思考には
大きな磁力が働くからです。

   
「でも、みつこさん
 もともと 自分には 
 強い感情なんてないんですよ」

「正しい方法ノウハウさえ、わかれば、
 自分の思考をととのえて、
 感情面なんて 無視して

 あとは ただ淡々と 
 行動していけばいいじゃないですか。

 そのほうがよっぽど簡単で 
 わかりやすいじゃないですか」

そうですよね。

もともと 不安や思い込み、
「心のブレーキ」
マインドブロック自体が 

自分の中に存在しない方も
ごく稀にいらっしゃいます。

超人的な 
修行僧のようなタイプで

ただ 正しい方法だけわかれば、

あとは ゼロから 
まっさらな状態で スタート、

淡々と 我が道を 
進みつづけていけばいいような

天才タイプの方は 
あまり 自身の感情に
振り回されることは 
ないかもしれません。

でも、人間なので、

いつも 心がスッキリしてる
っていうワケじゃない、

アップ&ダウンもある というのなら、
こんな 方法や 
考え方もあるということで

シェアを読んでいただけたら 幸いです。

まず、あなたの「自分の軸」が 
何であるかを 確認するのに
センサーとして 
役立つものが あります。

それが、あなたの「感情」です。

人間の 喜怒哀楽の
激しい感情を「情動」と言います。

英語で 違いを 例にあげれば

Feeling= 比較的短時間で過ぎて行く感情、

Emotion= 心の動きを伴う感情

Affection= 何かに対する感情と なります。

多くの場合、
喜怒哀楽の感情こそが

直接的に 人間を 動かしています。

理性では、わかっているつもりでも、
感情の方が 勝る、
強く湧き起こってくることを 

あなたも 経験したことが
あるのではないでしょうか?

人間は 理性でわかっていても、
正しいことでも、

そこに「快」の感情が
伴わない限り、
続けることが出来ません。

でも、この
「快楽(自分にとって心地良いこと)」と
「痛み」は 人によって 違うんですね。

勤勉であることや、
新しい物事に 
チャレンジすることが「快」で

怠けることが 
「痛み」の方も いるし、

今のままの自分で 
いつづける

変わらないことが 
「快」の方も

逆の場合も 
もちろん あるわけです。

でも、人は みな 

心のそこで 
よりよく在りたい、成長したい、

幸せになりたい、
喜びを感じたい という

想いの種を 誰もが もっています。

その「自分の軸」を知る 
それが何なのかを 
教えてくれるショートカットが 

自分の潜在意識の 奥~の方に
膝を抱えて うずくまっている
インナーチャイルド

わたしの中の
「小さな私」なんです。

人の 意識は、
よく氷山の一角と例えられます。

三角形の氷山、
三角錐みたいなものを想像してください。

氷山というのは、
海面から出ている部分は
ほんの少しで、

大部分が水面下にあります。

人間の意識もそれと同じで、
意識している「顕在意識」 

プカプカ浮いてる部分
外から見えるのは 
ほんの5~10%です。

無意識の「潜在意識」が
90~95%で構成されている、
と言われています。

この潜在意識の 
氷山の中には、

子ども時代に経験したことや、
忘れてしまったことなど、

これまで生きてきた
すべての記憶が 貯蔵されています。

その中には、過去に、
恐怖を感じたことや
喜びを感じたこと、

自信や不安も、
すべてが
ゴチャゴチャに入っています。

「思考」と「行動」だけでは
うまくいかないのは、

人には みな この
水面下に 沈んでいる
潜在意識があって、

表に出てこないけど
自分の意識の大部分を
構成しているからです。

じゃあ、自分の潜在意識と 
つながる早道はなにか?

自分がやるべきことは 
アタマでは わかってるんだけど、

行動できない、
延ばし延ばしにする
先へ進めない、

どうもうまく歯車が
噛み合わないというのは

潜在意識と直結している
自分の中の 
インナーチャイルド、

この 
わたしの中の
「小さな私」

(不安や恐怖、
 思い込みマインドブロックなどが

 まったくなかった 
 まっさらな状態の
 純粋な 子どものころの自分)

が 大いに混乱したり

言いたいことがあるのに
無理やり 蓋を されて
聞いてもらえなくて、スネていたり、

あるいは、落胆、絶望して
もう 伝えることさえ
完全に あきらめて

氷山の下~の方で 
うずくまっているからなんです。

望ましい行動習慣を
はばむ

心のブレーキには
2種類あります。

自覚できる
顕在意識の 心のブレーキと、

自覚できない
無意識にかけてる

潜在意識の中の
心のブレーキです。

付け焼き刃的な思考だけでは
行動習慣が 続かない、
挫折しやすいのは、

方法論しか
見てないからです。

だからこそ、

もし いろいろやって
うまくいかないのなら

表層部分だけでなく

習慣には

行動習慣
思考習慣
感情習慣
ビリーフ
本質

という 5層があることを
まず知ることが大事です。

自覚できる顕在意識と 
自覚できない潜在意識の中の
心のブレーキを外して

自分の感情、潜在意識の底に
膝を抱えて 座り込んでいる

「小さな私」に

「だいじょうぶだよ」とか
「本当は どうしたいの?」

と 問いかけて
味方になってもらうことが

大事なんです。

なぜなら、自分の意識の 
ゴミ溜めのような中に 
埋もれかかっている

「小さな自分」

潜在意識と直結している

内なる自分、
純粋な小さな子どもだったころの
自分は(=可能性)

火事場の馬鹿力みたいに、
いったんブロックが外れさえすれば、

とてつもない 力を発揮して、
味方になってくれるからです。

いかがですか?

もし あなたが

せっかく いい習慣を
身につけようとしているのに

なにか うまくいかない
ブロックを感じるのであれば

今日 お話したような

感情習慣、
ビリーフ、本質の部分にも
ぜひ 目を当てて

自分の中の
「小さな私」の声を
ていねいに 拾い上げてみて下さい。

**********
天職に生きるための
習慣化&仕組みづくり
 まとめ
**********

・自分の「感情」と「 潜在意識」を
 味方につけて行動する。

 すると、いままでは 根性や意志の力
 力業(ちからわざ)で やっていたことが 

 スッと力が抜けて 穏やかに ゆだねる境地、
 神業(かみわざ)へ 移行していく。

・「感情」は、自分が 
 自身の軌道にのっているかどうかのセンサー。
 モヤモヤするなら なにか ズレている証拠。

・「潜在意識」目的地に到着するために
 自動操縦で 連れて行ってくれるような
 カーナビ・システム。

・「感情」は 人間の行動の
 「最大の動機」となる。

・人は 大きな目標や夢に向かって
 行動する、継続するためには
 「思考」と「行動」+『強い感情』が 必要となる。

・「自分の軸」が何であるかを確認するのに
 センサーとして役立つものが、感情。

・「自分の軸」を知る、何なのか教えてくれる
 ショートカットが 
 潜在意識の 奥~の方に
 膝を抱えて うずくまっている
 インナーチャイルド。
 わたしの中の「小さな私」。

・いろいろやっても、うまくいかないのなら
 表層部分だけでなく
 習慣には、行動習慣、思考習慣
 感情習慣、ビリーフ、本質の
 5層からのアプローチが必要。

・自分の中の「小さな私」と対話する。
 毎分、毎秒、ていねいに 
 声を拾い上げてみることから始める。

いつも心から あなたを応援していますロケット

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*


人生も仕事も充実させたい! 
習慣を変えて、人生を変えたい あなたへ

ブレない自分軸
天職に生きるための
【習慣化コーチング・レッスン】

あなたは、こんな悩みはありませんか?
 手紙ブレない自分軸をつくり、天職に生きたい
 手紙そのための行動、思考、感情、思い込みの習慣を変えたい
 手紙自分の深い部分と対話し、本当はどうしたいのか明確にしたい
 手紙天職で、会社に頼らず、自力で収入を得られるようになりたい
 手紙人や環境に振り回されないようになりたい
 手紙習慣化、続けられる仕組みをつくりたい

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。

こちらのメルマガ読者様限定で、特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ♪


※セミナー、ワークショップの先行 募集案内、
 メルマガ登録は こちらから↓

カテゴリ: ├感情習慣

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP