「自分を満たすことに罪悪感がある」あなたへ。自分を輝かせることに集中する

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座


魂のミッション発見&天職実現コーチの
鈴木みつこです。

今日は、

「自分を満たすことに罪悪感がある」あなたへ

というテーマでお話します。

自分を満たすことに罪悪感

メルマガ読者のY様から
昨日の記事を読んで、
こんな ご感想をいただきました。

 「今日のメルマガで
  自分のことを
  振り返ってみたのですが、

  自分のことを満たすことに 
  罪悪感があります。

  どちらかというと我慢する方が、
  嫌なのに慣れている、と言う感じです」

本当ですね。
これは、確かにありますね。

以前のわたしも そうでした。

20代、30代前半までは
ニューヨークで ひょうひょうと
自由闊達に 自分がやりたいことをやって
生きていました。

が、前夫亡き後、
日本に帰ってきて、

再婚し、出産し、
子どもを育てる中では、

いつのまにか
自分の優先順位は
限りなく低くなっていました。

母親だったら、自分を満たすことは最後で当たり前?

再婚をして
新しい家族をもつという選択は
自分自身が下したことだったので、

それ自体が嫌だった、
というわけでもないのです。

しかし、
まさに「自分を満たすことに罪悪感がある」

自分のことは最後であるのが
母親としては当たり前

みたいな心境、思考に
なっていきました。

そして、それは
人生の中ではそういう時期があっても
いいと感じますし、

子どもが小さいときは

自分のことより 
子どもを守る方が大事、

と生物学的な本能みたいなものが
自分の中にも 刻み込まれていました。

しかも、私の場合は、

子どもたちは
自閉症、発達障害があり
手帳なども取得するレベルでしたので、

なおいっそうそうした

自分を満たすよりも、
子どものことが先、

「自分のことは 最後」

という思考パターンに
なっていったように感じます。

メンタルブロックが外れたのは

でも、コーチングに出会って
そのメンタルブロックが外れたのです。

わたし自身も
過去には、盲点、思い込みがたくさんありました。

本当に 変わるきっかけとなったのは
そうした 盲点や思い込みに対して

フィードバックをくれた 人生を変容させる 
メンターやコーチに出会ってきたからです。

たとえば、今から数年前、

当時 東京 神戸 静岡を1か月の間に
何度か行き来して、
 
プロコーチになるためのトレーニングを
受けていました。

あるとき、

「いま自分が課題だと思うことは?」 
メンターコーチからの質問に、

こんなふうに答えました。

当時のわたしは 
発達障害のある子どもたちを

「自立させること」が親の務めだと
強く感じていましたので

「子どもをいかにして
 自立させるか」

強い情緒障害、アスペルガーがある
不登校問題もある 娘や、

自閉症と知的障害のある 息子を前にして

「私が死んだらどうなるんだろう?」

「私が生きているあいだに、
 できる限りのことを やっておかなくては」

そんなことを
いつも考えていました。

痛かった一言。真実だからこそ痛い言葉

その日も、グループコーチングで、

わたしは、
いかに自分ががんばっているか
どんなふうに 対応に駆け回っているか、

メンターコーチにとうとうと 話をしました。

しかし、自分で話していて、
なにか しっくりこないものがありました。

わたしは いったい
どうしたいのだろうか。

最初は黙って、
わたしの話をずっと聞いてくれた 
メンターコーチから

静かに、でも、強く 
フィードバックがありました。

「自立すべきは みつこさん」

「自分の人生を 輝かせることに集中する」

と、ぴしゃりと言葉がありました。

わたしは、論理的に
ああだこうだ、言い返す前に

悔しくて、涙がボロボロ出てきて
止まりませんでした。

最初、
「この人は、なにもわかってないな」と
感じました。

でも……真実だからこそ
「痛い」

その言葉が痛かったんです。

気づきと成長。がんばらないと自分には価値がない?

この経験を通して 
気づいたことがありました。

自分の中の 依存心です。
メンタルブロックです。

わたしは 心の奥底で

がんばらないと自分には価値がない
と思っていました。

仕事、家事育児、療育、介護
全部 頑張ることで 

自分の存在価値を証明しようとしていました。

だから、ある意味、
いつも大変な方に、大変な方に 

自分を追い込むような癖もありました。

でも 本当は
そんな必要は ありませんでした。

なぜなら、わたしは
頑張らなくても 最初から自分には 
存在価値があったからです。

自立させなくては、
と思うのは

「この子は自立できない」

と思い込んでいるから。

そんなふうに
メンターコーチからフィードバックがありました。

でも、気づきました。

たとえ障害があっても、
病気があっても、

それが、個性であっても、
特性であっても

他人がなんと言おうと、
環境がどうであろうと

人は、その人なりのタイミングと方法で
必ず 羽ばたいていける

人は無限の可能性を秘めた
「できる」存在である

そう 気づきました。

だから……

わたしは 頑張ることで
自分の存在価値を示す必要はなく

ただ まずは自分を満たし
自分の人生を 輝かせることに集中する

それが、自分も家族も、
大切な人も、可能性の芽を伸ばし、

ひとりひとりの 
命を輝かせる ことにつながる

そう 気づいたのです。

自分を成長させる
人のために自分を役立てる

「人の光」になる生き方をする

自分の背中を見せながら、
他者の可能性を拓いていく 
コーチでありたい

そう決めたんです。

あなたも もしかしたら今は、
グルグル悶々としたり

ときには 落ち込んで 
立ち直るのが 難しいときもあるかもしれません。

でも、あなたが コンプレックス、
だと感じていることこそが

本当は 大きな大きな 強みかもしれません。

自分の人生にリーダーシップを発揮する

成長しつづけていくための 
メンターやコーチ、
応援・伴走者をもつ

たとえ何があっても 

人や環境に 振り回されないで

ブレない自分軸で
「最高の自分と天職」を 
いまここから 自由にのびのびと 生きようよ、

それこそが、
わたしが あなたに
伝えたいと思っている

コアなメッセージなんです。

誰がああ言った、こう言った
あの人と比べて 自分はどうだこうだ
ではなく

あなたも、まずは

自分を満たす

自分を輝かせる

そこにこそ、
ぜひ集中してみてください。

「自分を一番に 満たしていい」

今日 いまここで

その許可を
ぜひ自分にあげてください。

そこから
あなたの人生に
豊かさが流れ込みます。

いつも心から
あなたを 応援していますロケット

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*
魂のミッション発見&天職実現コーチング
 「これが本当に私のやりたいことなんだろうか?」
 がんばっているのに結果が出なくて悶々としている
 40代起業スタートしたコーチ、カウンセラー、セラピストの方へ


スピリチュアルな手法(チャネリング、オーラリーディング)を使った
コンサルティングと 地に足がついた天職実現・習慣化の
コーチング手法
の両輪で あなたのビジョンを形にします。

あなたは、こんな悩みはありませんか?
 手紙資格を取って、自己投資もした。でも稼げてない
 手紙起業塾にも通った。でも目標ゴール集客ありきだと続かない
 手紙ブログを毎日書きたい。でも苦しい、書けない、続かない
 手紙早起きして朝活、時間を有効活用できるようになりたいが、続かない
 手紙完璧主義で心配し考えすぎて行動できない
 手紙自分の本当の天職に生きたい。でも何からやったらいいかわからない

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。
こちらのメルマガ読者様限定で、特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ♪


※新規クライアント様募集、セミナーWS、
先行ご案内、メルマガ登録は こちらから↓

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP