Points of You®ポインツ・オブ・ユー認定トレーナー養成講座(第一日目)受けてきました

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

ブレない自分軸をつくる
行動習慣ナビゲーター

ライフコーチの 鈴木みつこです。

今日は、

Points of You®
(ポインツ・オブ・ユー) という

コーチング・ツールについて
お話します。

Points of You® とは?

土曜日は、1日 静岡市内へ。

GCS(銀座コーチングスクール)の
恩師、かざま なほこ先生の講義による

Points of You ®認定トレーナー(国際資格)
養成講座を受けてまいりました。

Points of You®
(ポインツ・オブ・ユー)というのは

2006年にイスラエルの
コーチング専門家によって
開発された
コーチングツールです。

その後
アメリカ、ヨーロッパなどに拡がって、
現在 147ヵ国、20言語に翻訳され、
世界中に展開されているものです。

視野を拡大して、
創造力や発想力に
刺激を与えるツールとして、

ビジネス、教育、公共分野など
非常に幅広い領域で
使用されています。

Points of You Japan
詳細はこちらから

鮮やかで
インスピレーションをかきたてる
フォトカードや、

そこに書かれた言葉、
問いかけを使いながら

内側にある 答えを
導き出していき 

綿密な行動計画に
つなげていく

右脳と左脳を結ぶ
非常にクリエイティブな
コーチングのツールです。

現在、
Google、シルク・ド・ソレイユ、
NASA、IKEA、Intelなど
グローバル企業が導入し

教育、医療、ビジネスの現場でも
活用されています。

Points of You との出逢い

わたしは
今回 初めて
このPoints of You を
本格的に 体験
学び始めたのですが

その出逢いは
実は ずっと前でした。

GCSで 
アカデミックに
コーチングを
学び直すよりも
前のことです。

当時 
コーチとしての
活動を始めた
わたしに

夫が 偶然
Points of Youの
紹介記事を 見つけたのです。

日本にも
こうした 新しい
インターナショナルで
クリエイティブな
コーチングの手法が導入されたと。

わたしは思わず
ググッと 惹きこまれ
HPで 近日開催予定の
養成講座などを 探すうちに

静岡在住の
GCS銀座コーチングスクール
駿河静岡校代表で

Points of Youの
マスタートレーナーでもある 
かざま なほこ先生のことを
知りました。

GCS認定コーチの資格を
取得した後も

ずっーと
このPoints of You のコーチ、
いつか トレーナーにも なりたいと
強く思っていました。

受講を決断したわけは

今回の決断も、
5月半ばに、
今から19年前にNYで亡くなった 
前夫フレデリックの命日に、

強く思い立つものが
あったんです。

そのころ
英語コーチングを
受けさせていただいていた
そのはたちえこさんの ご指導のもと

わたしは 自分が
英語を学び続けている理由
Whyについて
深く 考える機会がありました。

わたしは、コーチとして
ネットショップのオーナーとしては
自分がなぜそれをやっているのかという
理念、ミッション、Whyって すぐに
出てくるんです。

でも 英語の場合は
あまり そこまで
考えたことがありませんでした。

というかこれまでは、
長年抱えていた マインドブロック

自分は 英語が話せないという
想いで いっぱいだったから
それどころじゃなかったのでしょう。

でも、そんな中で
英語コーチのちえこさんから

「みつこさんも、
 せっかくのNY仕込みの高い英語力、

 そろそろ、『他の人のために使う』
 というシーンも
 考えられてもよいように思いました」

そんな アドバイスをいただいたんです。

そして 自分が
英語を学び続ける理由
英語のWhyを考える中で

新しい視点が 出てきました。

まさに Points of You
のもとになっている言葉

新しい Point of view (視点)が
生まれたというわけです。

わたしがやりたいこと、ヴィジョンは

この Fredericの命日にあたって
決意したこと、それは

まだまだ それは
どのように やっていくかは
不明なのですが――

わたしはNY時代に

自分が留学生だったとき
また アメリカ人と結婚したあと
すごく 英語で 苦労しました。

言葉の問題で、半分 
鬱みたいにもなりました。

そうした たとえば
静岡で 地元の

留学生や 国際結婚をして
ひとりでがんばっている外国人の方に

ボランティア的に
英語で 簡単な 
コーチングみたいなことを
できないかなと

英語を使って 何か 
自分を役立てられないだろうか

そんな思い、夢、ヴィジョンが
フツフツと 沸き上がってきたんです。

それは、以前 かざま先生から
お聞きした こんなお話も 心深くに
留められていました。

Points of You は
国際コーチ連盟(ICF)にも認められた
国際認定資格なのですが、

かざま先生が
あるとき 一大決心をされて
Points of You のイスラエルでの
砂漠リトリート&グローバルワークショップにおいて
ファシリテーターをつとめられたお話を聞きました。

英語という言葉の壁もあった中で
猛特訓して イスラエルで 
ワークショップを開催され

すごぉぉぉぉぉーーーーーーい!!
うらやましいなあああと 思いました。

そのほかにも Points of You は
インターナショナルで
世界中から コーチが集まって
心身寝起きをともにしながら、ワークショップ
リトリートなどを開催されたり、という
お話を聞かせていただく中で

心の底から
ワクワクするものが
こみあげてきたのです。

言語、国境を越えた Points of You

そうした 
言語や国境を越えたところにある

「コーチングマインド」をつなぐ

これまで 自分がやってきた こと
すべてを統合して

人のために自分を
役立てることは できないだろうか

と 思ったのです。

なぜなら

わたしの 究極の人生ヴィジョン
Why は

「つなぐ」仕事をすること
架け橋となること だからです。

今回 また
Points of You との出逢いを通して

人生の曼荼羅絵が、
また ひとつ つながった
統合・融合が起きた 感じがしました。

時は満ちた――

5月15日 
44歳で若くして逝った
Fredericの命日に

そんな思いで わたしは
今回の決断をしました。

Points of You のすごさとは?

このトレーナーのコースは
3日間にわけて じっくり学ぶもので
土曜日は その初日でした。

初めて体験し、
学ばせていただく中で

なによりも、すごいなと思ったのは

こうした
Points of Youの
インスピレーションあふれる
フォトカード、言葉、
質問を活用することで

思ってもみなかった 
無限大の自分自身に
アクセスできるようになる、

思ってもみなかった 視点を
拡散し、掘り起こすことが
できる点です。

それは、

自分の内側に 降りていき

「本当の自分」、
本当の答えを探しに行く
ような プロセスでした。

頭で考えて出した答えではなく

自分のコアとつながった
答えを見出す
 

いつのまにか 自然体で リラックスして
豊かに 言葉で 表現できている自分を
発見したときは、

本当に驚きました。

講師のかざま先生のお話の中でも
とりわけ 心に 残ったことがありました。

Points of You®
(ポインツオブユー)は

コーチングマインドを土台とした
「ロジック + マジック」

つまり
ロジック(論理)と
マジック(情理)を
融合した ツール

という言葉を聞き

本当に そうだなあ、、、と
その 無限大の可能性に驚嘆し
深く感じ入りました。

Points of You® の理念

また、この ポインツオブユーが
生まれた背景、理念を聞いた時も
わたしが これから やっていきたいと
思ったことに 深く合致するものを
強く感じました。

たとえば、こんな感じです。

このPoints of You®を開発した
ヤーロン氏と エフラット氏は

もともとは
ビジネスのエグゼクティブ向けに
コーチングを提供していたそうです。

その一方で、
NPO法人を立ち上げ、
未成年者やDV被害者、
社会的弱者など

つまりコーチングや
セラピーを必要としているのに
経済的理由で受けられない
個人に向けてもサービスを提供していました。

その中で、これまでに
提供してきたコーチングの
セッションやサービスをもっとひろく、
多くの人に提供し、

支援していけるような
画期的なツールを
作れないかと考えたことが
開発のきっかけだったそうです。

そこから世界中のコーチングや
コンサルティング、セラピー、

あるいはタロットカードやヨガなど
さまざまな手法についてリサーチし、

それらが人間に対して
どういう影響を及ぼせるのか、

また、どうすれば社会的弱者が
発言力やコミュニケーション能力を
身につけて世間に出ていけるか
といった問題を掘り下げ、

最終的に生み出されたのが、
このポインツ・オブ・ユー
というツールだったそうです。

ちょうどそのころ、
ヤーロン氏と エフラット氏は

「Pay it Forward
(ペイ・イット・フォワード)」という
映画を、それぞれ同じタイミングで
観たそうです。

「これだ!」と思った彼らは
Points of You の考えの根底に

この言葉を置き、

Pay it Forward を
形にすることを 決めました。

Pay it Forward
(ペイ・イット・フォワード)とは

ある人物から受けた親切を、

また別の人物への
新しい親切で
「つないでいく」ことを
意味する英語です。

自分を越えたものに導かれて

そうした Points of You®の
理念や生まれた背景を 
今回のトレーナー養成講座で
学ばせていただいたとき

なにか 自分を越えた
大きなものに 導かれているような
シャキッと背筋を正さずにはいられないような
身震いのするような思いがしました。

根底には、そんな
温かな精神が流れている
ポインツ・オブ・ユー

ロジックとマジックが
見事に融合した

コーチング・ツール、
Points of You®

早く みなさんに ご紹介できるよう
トレーナーの認定取得を がんばります♪

自分の背中を見せながら
他者の可能性を拓いていくような
コーチでありたい

それが わたしのモットーです。

「本当の自分」「自分軸」を
よりクリエイティブに 豊かに引き出す

強力な 無限大の可能性を秘めた
コーチングツールPoints of You ® 

このポインツオブユーを
しっかり学んで

ブレない自分軸で
最高の自分を 自由にのびのびと生きる

「コーチングマインド」
「感動」「最高に輝く笑顔」を

あなたに つないでいきます。

楽しみにしていてくださいね☆彡

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜

★鈴木みつこの

 ブレない自分軸+
 行動習慣コンパス(羅針盤)づくり
 コーチング・レッスンに関する ご質問、
 お問い合わせは 

 ↓ 
★こちらからどうぞ♪

あなたは、こんな悩みはありませんか?

手紙これまでの自分を変えたい、変わりたい。
手紙いい習慣をつけたいけど、どうやっていいのか方法がわからない。
手紙同じことを頑張って続けてきたけど、何かが違うと直感する。
手紙けっこうがんばっているのに、なんだかしんどい……
手紙起業して経済的自立をしたいけれど、自信がない。
 どこから始めたらいいかわからない。
手紙いままでは自分のことだけを考えてきたが、今後は少しずつ世の中に
 貢献していきたい。でも具体的にどうしたらいいかわからない。

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。

「ブレない自分軸+行動習慣づくり」
こちらを受講された方には、
特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ!


※セミナー、ワークショップの先行 募集案内、
 メルマガ登録は こちらから↓


カテゴリ: ├Points of You

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP