自分で決めて、自分で行動すればいい

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座


魂のミッション発見&天職実現
専門コーチの 鈴木みつこです。

今日は、

  自分で決めて、自分で行動すればいい

というテーマでお話します。

───────────────────────

◆自分で決めて、自分で行動すればいい

───────────────────────

もし、あなたが

自分の使命を見つけて

ビジネスとして稼げるようになりたい
と思うのなら

「決める」ことを
恐れないでください。

自分で決めて
自分で行動すればいいんです。

なぜならば、

誰の人生でもない。
あなたの人生だから。

「まずは、決める」
ことで すべてのモノゴトは
動き出します。

あなたが
「決めない」限り
天職に生きるも何もないからです。

たとえば、
こんな感じです。

───────────────────────

◆最初から、やり方が全部わからなくてもいい

───────────────────────

あなたは、

「これ、やりたい!」
って 強く思うんだけど

でも どうやったら
できるのか わからない

今の状況から考えたら 
到底無理、、、

と 自分の脳内トークで

せっかくのひらめきを
撃沈させてしまう
ことってありませんか。

まず決めること。

たとえ今はまだ
やり方が全部
自分の頭の中で
わからなくてもイイんです。

もしあなたが こうなりたい!
と 強く思うことが あったとして、

でも、そのプロセスが

細かい部分まで 
いま ぜーんぶわからなくても
それでいいんです。

もし、そのプロセスが 
ぜんぶ予測できる
想像できる、わかっていたとしたら

その夢は 
あなたにとって小さすぎる

簡単すぎる 

夢、ビジョンではなく
一時的な通過点に過ぎない

ということなのかもしれません。

なぜなら、
それは自分の
予測の範囲を出ないから。

安全圏内のことだから。

───────────────────────

◆自分で自分にメンタルブロックをかけていたころ

───────────────────────

たとえば

わたしはいま、雑貨輸入販売業
ネットショップの運営と
コーチングという

自分が本当にやりたいことをやり
2本のビジネスの柱をもっています。

そして
自分がやりたいこと
学びたいことがあれば、

家族のことは調整しながらも

罪悪感などは 
もたずに行動し
外に出ていくようにも
なりました。

でも、
それがそう簡単には
できなかった時代のことを
よく覚えています。

環境が、うんぬん
というよりも

自分で自分にかけていた
メンタルブロックで

がんじがらめに
当時はなっていた、

と今だから
俯瞰、客観視ができます。

今から15年ほど前、

自分がやりたいことも
どうしたらできるのかも

全部 わかっていたわけでは
ありません。

起業についても
最初から その道筋が 
クリアだったわけではありません。

また、予想していた通りに 
進んだわけでも
全くありませんでした。

たとえば、

10代、20代、
30代前半は

けっこう ひとりで
動き回っていましたが

前夫が亡くなり
日本に戻ってきて再婚し 

とくに出産してからは
ガラリと 生活が変わりました。

当たり前ですが
自分のことは 

二の次になりました。

ぎゃんぎゃん
泣き叫んでいる子や

冬の流行り病で
夜中に 
いきなり嘔吐下痢したり

高熱を出している
わが子を 前に

「わたしは 起業準備中なの!」

「いま大事なとこなんだから
 ちょっと 待っててよ」

なんて 言えませんから。

───────────────────────

◆水を得た魚のように、
 本当に自分を輝かせられる場とは?

───────────────────────

あれほど 自由に
飛び回っていた自分が

自分で選んだこととはいえ

どんどん 
家庭に ひきこもる

家庭と子どもが
すべての軸に
生活がまわる
ようになりました。

あるいは
人生の一時期は、

自分が家族をもつ
ということを選択し
納得して選んだことなのだから
それでも いいのかもしれません。

しかし、
私の場合は

「自由」や「個性」を重んじ
「表現したい」
「自分の使命に生きたい」と

子どものころから培ってきた
本来の自分の特性、
本質には 
そうした 生活は
あわなかったのでしょう。

そんな中でも
天職活動は
コツコツ 水面下で進めていました。

しかし、
つねに、夫の顔色、
機嫌を伺うような日々。

ああ。
週末、家にいないと
機嫌悪くなるだろうなとか。

このへんまでだったら
だいじょうぶだろうな
とか。

自分で先読みして

これはだいじょうぶ
これは だめだろうなと
結論づけていたのです。

そして、平日 
夫の帰宅は いつも真夜中でしたので

来る日も来る日も 
子どもと二人きりで過ごす日々。

そんな生活の中で
私は ハタと気づいたのです。

自分で自分の首を絞めてるな、と。

私は もともとが
自由が大好き人間でした。

そして自分の
「個」としての時間や空間を 
こよなく愛する人間でした。

ですから 子どもは可愛くても
ずっと そういう生活の中にいると
自分自身が 鬱屈としてきてしまう、

そんなのは、自分のためにも
子どものためにも 夫のためにも
よくないと。

と、同時に それは

負の体験ばかりでは
ありませんでした。

なぜなら

そうした 自分が心底
「これは 嫌だな」
と感じることを通して

私は初めて
自分が 何を欲しているのか

本当は どう在りたいのかを 
知ることができたからです。

その後、私は
一代奮起して

じわりじわりと 
自分の環境をととのえていきました。

「~だから できない」ではなくて

「~だから じゃあ 
 どうしたら できるかな?」

と思考を転換して。

15年前 その当時から
私は 起業する、
自分がやりたい!と思うことの

全容が わかっていたわけではありません。

でも 自分の志しを高く掲げ

自分の好き!やりたい!
いただく ご縁を大切にして 

目の前にくること 
ひとつひとつを

全力で がんばってやっていきました。

───────────────────────

◆必要なのは、次の一歩を踏み出す勇気のみ

───────────────────────

一歩進めば また 
次の一歩が見えてきました。

1つ行動することによって
改善点も 課題も 
たくさん見えてきました。

自分のやりたいと思うことが
どうやったら 実現できるのか

その方法が
最初は 全部
わからなくてもいいのです。

そして、心配しすぎて
自分の夢をつぶすこともないのです。

ただ必要なのは
次の一歩を踏み出す勇気のみ。

私は、そんなふうにして
起業の準備を進めていきました。

子どもを 預かってもらう
方法を探したり

誰かに お願いをする
まかせることを 
強く意識して

自分のまわりを
応援してくれる人で
囲みました。

わたしにとって
ブレイクスルーとなったこと

なによりも
いちばん大きかったのは

そうした 自分で自分に
ストップをかけていた

「こうでないと できない」

「これをしたら 
 夫は機嫌が悪くなるだろう」

「説明するのが めんどくさい」

そうした思い込みを外したこと

「やってもいいんだよ」

と 自分で自分に
許可を出したことでした。

やりたいこと
蓋をしていたこと

まずは「やる」と
先に決めてしまうことが大事です。

───────────────────────

◆自分で考えて、自分で行動する習慣をつくる

───────────────────────

私は、
本当にやりたい、

と 
魂の底から突き上げてくるような
想いについては

直観とともに
自分の中で
最低一晩は寝かせて
考えますが

自分の起業、
ビジネスの進め方については

夫、実母などには
相談してきませんでした。

ある意味、ぜんぶ事後報告です。

もちろん
自分で自分の責任は負う覚悟で

自分で決めて
自分で行動してきました。

ビジネスですから
家族に相談するのではなく

その道のプロ、
メンターやコーチ、コンサルの方に
相談してきました。

やる、と決めてから

事後報告ですが、
家族には ちょこちょこ 報告して

それなりに応援してもらえるような
態勢をととのえてきました。

ひらめきを
ハートの奥深くから
やってくる声を

自分の辛辣な
批判や
分析
理詰め、

ネガティブ脳内トークで
消してしまわないでください。

やりかたは
いまは まだ 

全部わからなくても いいんです。

でも
その 自分にとっての
大切な想いを

掘り起こす
日々温めて 育てていく
ことが大事です。

今ある 自分の環境、状態から 
すべてを 積み上げて
いかなくても いいんです。

地に足をつけていることも大事。

でも ネガティブ脳内トークで
いつも 自分の可能性を 押しつぶして

地に足をつけすぎて、、、

根っこまで 生えてしまったら

一生 飛べないですよね。

先に決めてしまうこと

自分自身に
「うん、やってもいいんだよ」

「だいじょうぶだよ」と

まず 自分に「許可を出す」

だいじょうぶ、なんとかなる

「できる!」

という視点に立つことが大事です。

「決めること」

そこから モノゴトは
カタチを成し始める

動き出します。

いつも心から
あなたを 応援していますロケット

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*

天職実現マスターキー講座
コンサルティング・プログラム

「これが本当に私のやりたいことなんだろうか?」
「私の使命、天職ってなんだろう?」

迷いがある、頑張っているのに実は稼げていない
40代起業した女性コーチの方へ

今のあなたの仕事を
本当の天職にバージョンアップする方法


スピリチュアルな手法と 地に足がついたコーチングの両輪で、
あなたの「本当の使命と天職」を一緒に見つけます。
ビジネスとしても稼ぐことができるように全力でサポートをします。


あなたは、こんな悩みはありませんか?
手紙自分の強みを生かせる天職を見つけたい。
手紙もっと豊かになりたい。自力で安定して稼げるようになりたい。
手紙飽きっぽくて続かない。スピリチュアルジプシーになっている。
手紙完璧主義の傾向、考えすぎる。先延ばしグセがある。
手紙時間管理がうまくできない。優先順位がうまくつけられない。
手紙ゆくゆくは、起業、独立したい。
手紙これから自分のビジネスをやっていきたい。
 でも何からやったらいいかわからない。

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。
こちらのメルマガ読者様限定で、特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ♪


※新規クライアント様募集、セミナーWS、
先行ご案内、メルマガ登録は こちらから↓

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP