絶妙なる「ゆるさ」のもと、自分を立て直す習慣をもつ

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座


天職で自己実現するための
【習慣化コーチ】

鈴木みつこです。

今日は
「自分を立て直す習慣」
について お話します。

(河川敷をウォーキングしながら。
 富士山にかかっている雲が
 少し龍雲っぽい)

***************

天職で自己実現している人は

「自分を立て直す」

習慣をもっています。

自分を立て直す?
って 一見、
簡単に 聞こえますよね。

でも、本当にそうでしょうか?

立て直すという言葉で
わたしが 連想するのは、
フィギュアスケートです。

たとえば
大観衆が応援し熱く期待する
ジャンプで 大きく転倒。

その後に
まだまだ続く
スピンやステップなどを丁寧に滑り、

自分を立て直して
最後まで圧巻の演技をみせる
選手を見たとき

わたしは
人がもつ 無限の可能性を垣間見て
感動で うるうるしてしまうのです。

何かあるのが人生。
何もないことはない。

「何が起きるかは重要でない。
 どう対処するかが問題だ」

むかしメンターに言われた言葉で
強く心に残っています。

天職で自己実現している人は
これまでも、
何もなかったわけじゃない。

むしろ
激動の人生を
歩んできた人が多いように
感じるのは わたしだけでしょうか。

さらに
かっこいい自分
見栄えする自分だけじゃなくて

みっともない自分も
全部引き受けた上で

前に進んでいる。

いまここを 楽しんでいる。

わたしにとって
これまでの人生で
最大の立て直しって
なんだったんだろう?

と考えてみました。

でも
1つだけ、というのは
思い浮かばなかったのです。

どうも しっくりこない。

というよりは
むしろ

人生を立て直す
自分をととのえるのは

日々の小さな習慣にこそ
あるからだ

と感じました。

辛い時
たいへんなときこそ

「今・ここ・わたし」に
つねに
戻ってくる。

「今ここで、自分にできる
 最大限のことだけを考えて
 即、行動する」

わたし自身、
そんなおまじない言葉を唱えて
自分を立て直してきました。

過去
前の夫がニューヨークで
自宅で、大腸がんの
闘病生活に入ったときも
そうでした。

前夫が亡くなり
日本に戻ってきて
今度は 自分がガンだと
告げられたときも
そうです。

さらに
その後、縁あって
再婚し
家族を持とうと決めたのに

何度も何度も
流産を繰り返し

子どもがお腹の中で
死んでしまうことを
繰り返したときも
そうでした。

仕事でも
プライベートでも

日常の 一見ささいな
落ち込みからも

「今ここで、自分にできる
 最大限のことだけを考えて
 即、行動する」

という思考に
即、切り替えて

自分を立て直してきました。

習慣のトライアングル
とも呼ばれますが

習慣は 大きく分けると
感情・思考・行動 の3つがあるんです。

感情は、心の習慣。
これは「快」か「不快」しかない。

思考は、頭の習慣。
これは、究極的には

ものごとを
「プラス」と考えるか
「マイナス」と考えるか
その2つしかない。

行動は、体の使い方の
習慣ともいえる。

これは
「やる」か
「やらない」

のどちらかしかない。

(必ずしも「やる」ことが
 良いわけでは ありません)

さらに

「自分を立て直す」思考習慣をもつ

これには
オマケがあります。

自分のうちに
絶妙な「ゆるさ」を もつ。

たとえば
自分を変えようと思うのに
変わらない、変えられない
って ことありますよね。

自分を「変えたい」と思う心

でも

「仕方ない」と思う心、

実は 両方もっていてよいんです。

もちろん
なにごとも ゆるみっぱなしでは
何も成せないでしょうけれど

その絶妙な「ゆるさ」が必要なんです。

自分を変えようと思う
あなたの心は

本当の自分の願いを
見い出すための
灯台のような光となりうるからです。

その先に
あなたが
本当に求めているものがある。

その一方で

「今はこうだから しかたない」
「できることを しよう」
「先送りしよう」

そう思う「ゆるい」心も
あっていいんです。

なぜなら
「変わろう」「変えよう」と

がむしゃらに
無我夢中で行動するとき
人は心身消耗するからです。

コンフォートゾーン
自分にとって
安住の地
慣れ親しんだゾーンから抜け出て

「変わる」というのは

変化が大きければ大きいほど
ショックは 大きいですよね。

そこには
一時的に「変わる」だけじゃなく
「慣れる」力が必要です。

もともと 
がんばり屋のあなたが
燃え尽きないためには

たとえ
いっときは諦めても
先送りしても

「もう一度やってみよう」
「変えてみよう」と

自分を立て直す習慣

そして
絶妙なる
心の「ゆるさ」が必要です。

自分の本心に立ち返る
天職で自己実現するためには

マインドではなく
ハートで生きる、
スピリットとして生きる上では

無理をせず

「変えられるものは変え、
 変えられないものは、
 あきらめる、手放す
 先送りする」

そんな 「ゆるさ」も必要です。

なぜ わたしたちが 
人間として生きているかというと

それは
人は試行錯誤しながら
自分で体験して学ぶ
という課題をもっているからです。

だから
自分のうちに
「絶妙なるゆるさ」を持ちながら

たくさん試行錯誤
していいんですよね。

お正月も今日で3日。

精神的には
新しい年が始まって
意気高揚とするなか

食べる、寝る、動く
生活行動習慣もろもろについては

なんとなく ぐたーっと
なってきている 自分も発見する 
時期ですよね。

楽しみながら
自分をととのえる

立て直しはじめること

今日 どんなことができそうですか?

以上、

天職で自己実現するためには

絶妙なる「ゆるさ」のもと、
自分を立て直す習慣をもつ

でした。

いつも心から 応援していますロケット

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*
最高の自分で、天職を
自由にのびのびと生きたいあなたへ

天職で自己実現するための
【習慣化コーチング・レッスン】

あなたは、こんな悩みはありませんか?
 手紙自分で何かをやりたい!自己実現したい 
 手紙やりがいのある天職を見つけたい
 手紙自分らしい働き方を見つけたい
 手紙会社に頼らず、自力で収入を得られるようになりたい
 手紙望ましい生活習慣を身につけ、続けられる仕組みをつくりたい

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。

こちらのメルマガ読者様限定で、特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ♪


※セミナーWS、先行募集案内、メルマガ登録は こちらから↓

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP