天職に生きるために大切なのは、スキルを足すことでも、表面的な行動を積み重ねることでもない

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座


魂のミッション発見&天職実現
専門コーチの 鈴木みつこです。

さて
昨日は、

「心に 体が ついていかない時は

まず、
日常の生活の中で

本当にいま
自分の「本音」を出しているか
確かめてみること

さらに
子ども時代に
親からよく言われたフレーズには
どんなものがあるか

ひょっとしたら
呪いの暗示となって
メンタルブロックになっていることがないか
振り返ってみる。

なぜなら
天職を見つけて
本当に 自分らしく
自由に 生きるためには

そうした メンタルブロック、
呪いの暗示に 気づいて
一つずつ 外していく
必要があるから

そんな お話しをしました。

今日は、

じゃあ、
そうした メンタルブロック
呪いの暗示って

どんなふうにしたら
外れていくのか

どこから 始めたら いいか

について
お話しします。

───────────────────────

◆自分が本当にやりたいことがわからない?

───────────────────────

あるメルマガ読者さんが
こんなふうに ご感想とともに
伝えてくださいました。

「天職を 見つけたい
 と思うんですが、

 自分が 
 本当に やりたいことが
 わからないんです」

確かに、
そう 感じられている
方は 多いと思います。

でも、
真実は、

自分が 本当に やりたいことが
「わからない」んじゃないんです。

あなたの
「本音モード」が
麻痺しているんです。

親や周囲からかけられた
呪いの暗示、
それを受け容れている
自分の 脳内トークに

「本音モード」が
どっぷり
埋もれてしまっているのです。

───────────────────────

◆もし、本音が「やりたくない」と言うなら

───────────────────────

「心に体がついていかない」

どーんと 重いものを
お腹の底に 飲み込んでしまったような
感じって つらいですよね。

でも、それって
「本音モード」が
ずっしり 沈んでしまっている
サインだと 思ってください。

感情は 正直です。

たとえば、

「ブログを書かなくては
 いけないのに 書けない」

そもそも
「本当に本当」
書かないといけないのですか?

「今は やりたくない」
「休みたい」

と、あなたの心が
言っているときは
どうぞ 休んでください。

もし、あなたの「本音」が
やりたくない! のであれば
今はやらなくても
いいのではないですか?

そして その日はぐっすり寝て
明日の朝いちばんに 書いてみるとか
仕切り直すのも 一つの方法です。

自分が決めたルールが守れないからと
不要な罪悪感で
グルグル 考え込んでいる時間こそが

生産性を高めるという意味では
無駄だからです。

───────────────────────

◆「あんたは 何をやっても続かない?」

───────────────────────

何よりも
百歩譲って

自分のビジネスを構築するために
やることが必要だと
自分で 本心から 納得して
受け入れたとして

それでも
行動が止まってしまうとしたら

なにか
過去 親や教師、上司、友人、周囲からの

呪いの暗示、
メンタルブロックがないか
確かめてみてください。

「あんたは 何をやっても 続かない。
 すぐ 飽きる」

「いつも、こうなんだから」

「どうせ 続かない」

「いいことがおきても
 調子に乗ってると
 すぐ失敗する、悪いことが 起きるよ」

うだうだ
うるさいですよね。

それは もしかすると
あなた自身の 言葉ではなく

あなたの脳みそに
親や周囲からの 呪いの暗示が
いまだ かかっているのかもしれません。

そんなときは

「本音全開っ!」と
心の中で
叫んでみてください。

自分の意識のモードを切り替える
スイッチを入れる
イメージをしてください。

そして
自分の心に

「心よ、本当はどうしたいの?」

と たずねてみてください。

たとえば
あなたの心のイメージ、

ハートでも
丸く光る 
うすぼんやりした
輝く光でも

そこに
「口」をつけてあげるのも
いいですね。

まずは
何を言ってもいい
しゃべってもいいのだと
許可を与えてあげてください。

───────────────────────

◆間髪入れず、出てきた言葉

───────────────────────

最初は なかなか
話してくれなかった心も
ほぐれていくと
話をしてくれるようになります。

「本当は どうしたいの?」

そこで間髪いれず
即答で出てきた言葉、

思考をいれないで
ふっと 浮かんだことが

あなたの「本音」です。

出てきた 答えを

「そんなの できるわけないじゃん」
「それは 間違っている」

などと あれこれ 思考で
ジャッジしないでください。

そのまま 聞き取ってください。
書き留めてみてください。

ああ、自分の「本音」って
これなんだ

と まずは
気づくことが大事です。

そして 

できる、できないは別にして
そのまま 受け取る。

───────────────────────

◆もしかしたら、自分の言葉ではなく
 親の脳内トークが 流れ込んでいるのかも

───────────────────────

最初は せっかく
意欲満々で がんばっているのに

次第に

「やっぱり……」
「私なんて、どうぜ」
「結局、続かない。。。」

そんな 不快な言葉が
頭に 流れ込んでくるのは

実は
あなた自身の言葉ではなくて

知らないうちに
自分の脳内トークと 同化している

親や外部からの
呪いの暗示かもしれません。

でも、それを
断ち切る方法の1つが

「本音全開っ!」と
心の中で叫んで

自分の軸に 戻る生き方です。

何者からも 自由になって

本当の 自分を 自由に 
のびのび生きることなんですよね。

「~をやらなければ」と
思ったときに

ふつうの人だったら
「さあやるぞ」と

そのことに 
集中することができるのに、

なぜか
行動に移れない
続かない場合、

知らず知らず
自分に対する思い込みがある、
親や周囲からの暗示などが
子ども時代から 入っている場合があります。

「~やらなければ」と
思ったときに
逆に
集中力がなくなり

体が異様に重くなり
だるくなり
動けなくなってしまう。

わかっちゃいるけれど
手をつけられない、
という感覚に襲われる。

それって
「自分が自分でない」ような感覚

解離しているような状態ですよね。

───────────────────────

◆天職に生きるために 大切なのは
 スキルを得ることでも、
 単なる表面的な行動を積み重ねることでもない

───────────────────────

あなたに 何かが
足りないのではないのです。

余計な思考や思い込み、
他から植え付けられ
流し込まれている 呪いの暗示や
ネガティブなビリーフが
入りすぎているのです。

そのままままだと
いくら 天職実現しようとしても

これを 
がんばろうとしても

どこかで 
リミッターがかかってしまいます。

これまで
親や教師、友達、上司、
心無い人、周囲から言われたことで

いまだグサッと
刺さっている言葉があるとしたら

もうそれらは
そろそろ 抜き取って

私と一緒に
次のステージにいきませんか?

天職を見つけたい、
天職を生きたい!!

と 力んでいるときには
逆に なかなか見つかりません。

でも、

本当の自分の声を
止めているものを知り

外して 自由になったとき

あなたは

真の意味で、最高の自分と天職を
自由に 生きられるようになります。

以上、今日は

天職に生きるために大切なのは、
スキルを足すことでも、
表面的な行動を積み重ねることでもない

でした。

いつも心から
あなたを 応援していますロケット

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*

天職実現マスターキー講座
コンサルティング・プログラム

「これが本当に私のやりたいことなんだろうか?」
「私の使命、天職ってなんだろう?」

迷いがある、頑張っているのに実は稼げていない
40代起業した女性コーチの方へ

今のあなたの仕事を
本当の天職にバージョンアップする方法


スピリチュアルな手法と 地に足がついたコーチングの両輪で、
あなたの「本当の使命と天職」を一緒に見つけます。
ビジネスとしても稼ぐことができるように全力でサポートをします。


あなたは、こんな悩みはありませんか?
手紙自分の強みを生かせる天職を見つけたい。
手紙もっと豊かになりたい。自力で安定して稼げるようになりたい。
手紙飽きっぽくて続かない。スピリチュアルジプシーになっている。
手紙完璧主義の傾向、考えすぎる。先延ばしグセがある。
手紙時間管理がうまくできない。優先順位がうまくつけられない。
手紙ゆくゆくは、起業、独立したい。
手紙これから自分のビジネスをやっていきたい。
 でも何からやったらいいかわからない。

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。
こちらのメルマガ読者様限定で、特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ♪


※新規クライアント様募集、セミナーWS、
先行ご案内、メルマガ登録は こちらから↓

カテゴリ: ├ビリーフ

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP