変えられるものを変える勇気と、変えられないものを受け入れる心の静けさと。二ーバーの祈り

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座


もう挫折しない!
習慣づくり+ライフワーク起業コーチの

鈴木みつこです。

あなたは、
自分に変えられる部分があるのに

どうせ、わたしなんか無理、、、と
すねて、最初からあきらめて
しまうようなこと、ありませんか?

あるいは
自分が変えられないこと、
コントロールできないことに
注力しすぎて、

自分が擦り切れそうに
なってしまうことって
ありませんか?

 
今日は 
二ーバーの祈りについて
お話します。

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜

最高の自分を生きるためには

変えられるものを変える勇気と

変えられないものを受け入れる 謙虚さ

そして両者を識別する叡智
「俯瞰する力」をもつことが 重要です。

なぜなら

変えられる部分もあるのに、
「わたしなんて、どうせ。。。」と
最初からあきらめてしまうのは

貴重な可能性を自らつぶして
しまうことだからです。

そして逆もしかりで

変えられないものに「執着」することは
貴重な時間やエネルギーを
食いつぶしてしまいかねないからです。

変えられるもの と
変えられないもの 

その二つの違いを
見極める力をもつことが
真に豊かな人生を生きる上で重要です。

たとえば、
あなたは、ニーバーの祈りを
聞いたことがありますか?

二ーバーの祈りとはアメリカの神学者、
ラインホールド・ニーバーの祈りとして
有名な言葉です。

 変えられないものを
 受け入れる心の静けさと

 変えられるものを変える勇気と

 その両者を見分ける
 叡智を我に与え給え。

God
grant me the serenity
to accept the things I cannot change,
the courage to change the things I can,
and the wisdom to distinguish
the one from the other.

      Niebuhr, Reinhold

第二次世界大戦時、
この言葉を記したカードが
兵士たちに配られたといいます。

また、戦後はアルコール依存症患者への
断酒メッセージとなったそうです。

ロンドン五輪金メダリストのボクサー
村田諒太選手は、この言葉を
座右の銘にしていると聞きました。

わたしが、最初にこの言葉を聞いたのは
20年ほど前のこと。

アメリカで、前の夫のガン闘病を
自宅介護で 支えていたときでした。

日に日に弱っていく夫を
間近で見ることは
あまりにも辛すぎました。

食事療法や自然療法、代替治療も
心の持ち方も、サポートも
夫の意思を尊重しながら、

ありとあらゆる方法、考えつくすべてを行い
手を施しているつもりでした。

わたしは、
燃え尽きそうになっていました。

人の生命という
自然のことわり、
自分がコントロールできないものを前に

どんなにがんばっても
わたしには変えられないことがあるのだとも
悟りました。

そんななかで
わたしは ニーバーの祈りの言葉の意味を
実感しました。

変えられるものを変える勇気と

変えられないものを受け入れる 心の静けさ

そして両者を識別する叡智
「俯瞰する力」をもつこと――

ですから、当時も わたしは
人間としてそのとき自分にできることは
すべて しました。

だからこそ、44歳という若さで
彼を見送ることにはなりましたが

「あのとき ああしていれば」といった想い
わたしの中では 悔いは 一切ないのです。

変えられるものを変える勇気、
変えられないものを受け入れる冷静さ、
両者を識別する知恵

それは 口で言うほど
簡単なことではありません。

そうした体験の中で 
わたしがとりわけ強く学んだことは

変えられるものは、自分自身、
変えられないものは、自分以外のもの
ということでした。

もちろん 例外もあって
自分のことであっても
変えられるものと、
変えられないものはあります。

たとえば、
手足の長さや、
持って生まれた容姿

どこでいつ生まれたか。
どんな環境で育ったか
どんな病気をしたかとか

基本的には変えられませんよね。

あと、たとえば
わたしの場合、過去に 全摘の手術をした
先に天国に旅立った わたしの
子宮も もう 戻っては来ないでしょう。

でも そうした
自分自身も 他人についても
変えられないことに 思い悩むのではなく

自分の内面、思考、言葉、心の持ち方、
行動、習慣

問題や課題にどう向き合うか
どう対処するかは

意識すれば

いくらでも
今ここから

変えられますよね。

あなたは いかがですか?

まとめ

最高の自分と天職を いまここから生きるためには

変えられるものを 変える勇気と
変えられないものを 受け入れる心の静けさ

そして両者を識別する叡智
「俯瞰する力」をもつことが 重要です。

変えられることにフォーカスして
変えられないことは、謙虚にゆだねる

そしてなによりも、
その違いを見極める力
俯瞰する力をつけることによって

あなたは今ここから

「行動」と「習慣」を変え
「現実」を変えていくことができます。

いつも心から応援しています(*^_^*)

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜

セミナーやワークショップ、
モニター様募集などは、
これからも メルマガで 先行で
お知らせをしますので お楽しみに♪

早く確実に情報をお知りになりたい方は、
上のバナーをクリックしてくださいね!

 ↓

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP