吉濱ツトム先生の個人セッションを受けました(3) / 学んだことを即使えるようになるコツ「実際の場セッションでは?」 緊張や不安と向き合うコツ

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座
こんにちは、
天職実現コーチの
鈴木みつこです。

昨日の続きです。


吉濱ツトム先生の個人セッションを受けました!(2)
主体性をもって能動的に学ぶ  事前準備の大切さ


今日は

学んだことを即使えるようになるコツ
「実際の場セッションでは?」
緊張や不安と向き合うコツ


についてお話します。




─────────────────────

◆学んだことを即使えるようになるコツ

───────────────────── 



ここ数日、

吉濱ツトム先生の
個人セッションを久しぶりに受けた
お話を書いています。




吉濱先生は
IQ160の発達障がいカウンセラー、
経営アドバイザーとともに
ずば抜けた
スピリチュアルヒーラーの側面を
もつ方です。



個人セッションを受けて

プライベートでも
ビジネス面でも
とっても勉強になった!!

ものすごい
自分スイッチが入って 
またサクサク新しい行動を始めた(*^_^*)
というお話をしました。




ただそんな中でも
学び全般において共通することですが、

受ける側として
「これって、すごく大事だ、
しないと問題だ!」と
気づいたことがあったと。


与えてもらう情報は同じでも
その価値を受け取れる人と
受け取れない人がいる。


でも、それって非常にもったいない。



多くの人は
受けっぱなし
学びっぱなしになっている。



そうならないために

学んだことを即使えるようになるコツ

価値を最大限に受け取るために
ふだん私が当たり前に
ワクワクやっていることが



もしかしたらあなたの
天職実現にお役に立つかもしれないと
思ったので

それをシェアしますね。



─────────────────────

◆「実際の場」での注意意識の向け方

─────────────────────


・学びっぱなしにならないで
 その価値を受け取るためには

 まず 
 【主体性をもって能動的に学ぶ】
 覚悟をすること



・具体的にはどうしたらいいか、
 そのコツは3つある。


・私が大切にしているのは

(1)事前準備

(2)実際の場(セッションでの注意意識の向け方)

(3)徹底的な復習





今日は続きの

二つ目の
(2)実際の場セッション では

どんな点に注意意識を向けるか?
からお話します。




自分がセッションを受ける場合もそうですが

あなたが 
コーチ、カウンセラー、セラピストとして
誰かにセッションをする場合にも


こうした注意意識の向け方は
最高のパフォーマンスをする上で
役立ちます。





私の場合は、

とにかくその場を
「楽しむ」ことに意識を集中します。


そして
緊張不安があっても
「あるがままの心で行動する」。


10代20代、
踊りバレエを長くやっていたので
本番など舞台の前でもそうでしたが、

とにかく土壇場になったら
もうあれこれ考えない。

その場を「楽しむ」。
ただその一点。


でも楽しむっていっても
緊張したり心配不安があったりすると
楽しめないですよね。。。


そんなときは
こんなふうに考えます。


今回の吉濱先生の
個人セッションを受ける前もそうでしたが

久しぶりだと
嬉しい懐かしい反面

直前までは
ほんとにものすごくドキドキ
緊張する部分もあったのです。


「ちゃんと話せるかな」

「聞きたいこと、
 わかりやすく質問できるだろうか」

「録音、しっかりできるだろうか?」とか。


でも、
緊張や心配不安があっても

それを無理に消そうとはせずに

「あるがままの心で行動する」。



─────────────────────

◆その場でないと得られない時空間のエネルギー

───────────────────── 


やることやったら
もうあとは、

「なんとかなる」と
いい意味で開き直る。


そして
その時空間でないと受け取れない

エネルギーを吸収することを
私は大切にしています。



具体的にどういうことかというと、

準備は
徹底してやっておくけれど、

そこに縛られない、
執着しないということです。


実際の場では、
自発的な流れを大事にする。


事前準備のメモやノートは
あくまでお守り。

迷子にならないためのマップがわりとして使う。


その場で、
こうしたいと思ったこと、
これ質問したいと思ったことは、

可能な限り、即、素直に行動してみる。



その場でないと得られないエネルギー、
自発的、共振的、相互作用的な
エネルギーを大切にする。



ご存知かもしれませんが、

自己分析に使用する
心理学モデルの一つとして
ジョハリの窓があります。

自分自身が見た自己と、
他者から見た自己の情報を
分析することで

4つに区分して
自己を理解するというものです。

(1) 自分も他人も知っている
  自分の性質(開放)

(2) 自分は気付いていないが
  他人は知っている性質(盲点)

(3) 他人は知らないが
  自分は知っている性質(秘密)

(4) 自分も他人も知らない性質(未知)


実際の学びの場、セッションの中で
「楽しむ」ことに注意を向けると

緊張や心配不安があっても
それを無理に消そうとはせずに
「あるがままの心で行動する」と

ジョハリの窓の中でも
とくに(4)の未知の扉が
開くような気が
私は強くするのです。


すると、

「あ、こういうことなんだ!」と

今まで聞いてもわからなかったことが
深く肚落ちしたり、

自分が事前準備、
想像していたもの以上の
価値やエネルギーを受け取れるようになります。




以上、今日は

学んだことを即使えるようになるコツ

(2)「実際の場セッションでは?」
緊張や不安と向き合うコツ

についてお話しました。

─────────────────────

◆まとめ◆

─────────────────────

・学びっぱなしにならないで
 その価値を受け取るためには まず 
 【主体性をもって能動的に学ぶ】
 覚悟をすること

・【主体性をもって、能動的に学ぶ】ことは、
 「なりたい自分になる」
 「ビジネスとして天職実現する」
 「最高の自分を生きる」ために
 自分の人生に強くリーダーシップを発揮すること

・【主体性をもって、能動的に学ぶ】
 具体的にはどうしたらいいか、
 そのコツは3つある。

(1)事前準備
(2)実際の場(セッションなど)
(3)徹底的な復習

--------------------
(1)事前準備  
--------------------
 ●全体の流れを把握、見通しをつけておく
 ●質問を書き出して準備しておく
 ●録音する準備をしておく

--------------------
(2)実際の場
--------------------
 ●とにかくその場を「楽しむ」ことに
  意識を集中する

 ●その時空間でないと受け取れない
  エネルギーを吸収する

 ●緊張や心配不安があっても
  それを無理に消そうとはしない。
  「あるがままの心で行動する」


つづき

「徹底的な復習」楽しみながらやる方法

は明日書きますね!



いつも心から
あなたを 応援しています!


天職実現マスターマインドコーチ
鈴木みつこ

カテゴリ: 未分類

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP