体調が悪いとき、まずは、どこから自分を立て直したらいい?

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座


ブレない自分軸で、
ビジョン実現+天職に生きる 

専門コーチの鈴木みつこです。

「季節の変わり目
 なんだか 体調が悪い、、、」

「寒さ 暑さの急激な温度の変化に
 体がついていかない」

台風が来る前は とくに体調が悪い

気圧の変化にも敏感な方は
意外と多いのではないでしょうか?

具合いが悪いと
モチベーションも 
下がってしまいますよね。。。

でも、そんなとき
わたしなら どこから
自分を立て直すか

そこまで
体調が悪くならないように

ふだんから
どんなことを 意識しているか

2回に分けて お話します。

*****************

まず、大前提として
本当に 具合いが悪い、、、ときには

仕事も家事も育児も 
いったん脇において
 

病院に行く、薬を飲むなど 
自分が適切だと思う処置を
イの一番にやってください。

聞かない、なかったことにする、
自分の体を だましだまし

日常生活を続行する
というのは なしです。

それは もうやった、
ということを前提に 
話を進めます。

体調が悪い、、、とき

わたしなら
まずは 一切
罪悪感をもたず

コンコンと眠れるだけ
眠ります。

なぜなら
睡眠と自己治癒力、免疫力は
密接な 関係があるからです。

ある研究では
睡眠時間が6時間以下の人と
7時間の人を比べると、

前者のほうが4~5倍も
風邪をひきやすいことが
実験で明らかになったとか。

これには レム睡眠(浅い眠り)と
ノンレム睡眠(深い眠り)が
関係しているそうで

6時間未満だと
免疫力を強めるホルモンが
分泌されにくくなるそうです。

ふだんから
ただ ダラダラ寝すぎても
免疫は強くならないでしょうが

睡眠時間が少ないと風邪だけでなく、
様々な病気に感染しやすくなるとのこと

体調を崩しやすい
と 思われるなら

7時間は寝たほうがよいです。

「安静にして
 よく睡眠をとること」

これは、病気になったとき
お医者さんからも 
よく言われるのではないでしょうか。

眠ることには
自己治癒機能を高める
働きがあります。

たとえば
ふだん 平日 わたしは
夜9時半ごろ寝て
朝3時半に起きる

早朝、午前中に
自分にとって 大事なことを
やってしまう
朝型の生活をしています。

そして 気力、集中力が落ちてくる
時間帯

一説には

起床 7時間後、
または

午後 2時から3時のあいだ
とも言われていますが

そうしたスキマ時間を利用して
パワーナップ仮眠を トータルで
1時間ぐらい とる

合計で 1日7時間ぐらい
睡眠時間をとっています。

でも 具合いが悪い時

あるいは 疲れが溜まっていると感じた
週末などは

「ま、いっか」と
自分に許可を出して

そうした 自分ルールは無視して

10時間、12時間近く
もうコンコンと眠ることがあります。

「でも みつこさん
 寝ても 疲れはとれないし
 寝てばかりいる自分に
 自己嫌悪になります。。。」

「寝てる時間も もったいない。
 そうじゃなくて
 自分がオーガナイズできていて
 スッキリ、テキパキ動ける
 自分になりたいんです」

クライアント様からも
よく そんな声を聞きます。

そうですよね。

自己管理ができている自分
イイ感じだと思える 自分だったら

自己肯定感は あがりますよね。

でも 人間だから
体調が悪いときも ある。

自分ルールを決めても
できないときは 必ずある。

でも 
何が起きるかは
重要でない

どう対処するかが 問題なのです。

さらに
「ま、いっかー」
そうした 自分を許す場合も
ひとつ ポイントになる考え方があります。

それは

体と 自分は 別物

体 = イコール 自分の価値ではない

ということ。

たとえ 病気になっても
体調が悪くても

それは 体の具合いであって

あなた「本来の自分」が 
病んでいるわけではないですよね。

むかし、息子の出産後に
胎盤の癒着がひどく 出てこなくて

感染症になり 死にそうになり
緊急で、子宮全摘の手術になったとき

思いました。

たとえ、自分の体の一部が
無くなっても

自分の価値は 減らない
と。

体 イコール 自分ではない。

体調を崩したり
病気になったり
なにか 起きた時

体と自分 は 別物
自分の価値は 別物

と とらえる視点が大事です。

もともと 体は 
ある意味 一定期間 
レンタルさせてもらっている
借り物なので

大事に 使わせていただく
メンテナンスをする必要があります。

10代、20代、30代ぐらいまでは
無理をしても
なんとか もってきた

でも、40代、50代になると
いろいろ出てきます。

でも それさえも
肯定的に 受け止める。

そのほかにも

疲労、肥満、不眠、不安、病気、老化など
体調不良が できるだけ起きないように

ふだんから 意識するとよい
行動習慣を 明日は お話します。

昨日もお話したように

中側から 無理に変えようとしない
外側から ととのえることが大事です。

—————-
◆まとめ◆
—————-

・体調が悪い時は まずは とにかく眠る。
 10時間、12時間近くでも
 寝られるだけ コンコンと眠る。

・自分ルールが守れなくても
 罪悪感を持たなくていい。

・体調不良になりやすい人は
 7時間 睡眠をとる。

・何が起きるかは 重要でない。
 どう対処するかが 問題。

 大切なのは
 体調を崩したり、病気になったり
 何か起きた時。

 体と自分 は 別物
 自分の価値は 別物だと
 とらえる視点を 忘れない。

あなたのことを
いつも 心から応援しています(*^_^*)

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*


ブレない自分軸をつくる行動習慣術、
自分軸を「見える化」する方法など
11/4(日)のセミナーでは お伝えします。

メルマガ読者様には 先行で ご案内、
読者様 割引もありますので
下記のメルマガに ぜひご登録くださいね☆彡
もうすぐお知らせします

仕事も家事育児、自分の人生を生きることも、
全部がんばりたい あなたへ

ブレない自分軸で、ビジョン実現+天職に生きる!
行動習慣づくりをしませんか?

あなたは、こんな悩みはありませんか?
手紙がんばっているんだけど、結果が出ない。
手紙不安、空回りしている。
手紙いい行動習慣を身につけたい。
手紙自分の人生をオーガナイズしたい。
手紙起業、副業したい。
手紙何から始めたらいいかわからない。

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。

こちらを受講された方には、
特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ♪


※セミナー、ワークショップの先行 募集案内、
 メルマガ登録は こちらから↓

 鈴木みつこの
 コーチング・レッスン☆質問、お問い合わせは 
    ⇒ ★こちらからどうぞ♪

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP