今やるべきことに集中できるようになる方法

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座


魂のミッション発見&天職実現
専門コーチの 鈴木みつこです。

今日は、

「今やるべきことに集中できるようになる方法」

というテーマでお話します。

───────────────────────

◆あなたが本当にやるべきことに
 集中できるようになるために

───────────────────────

もし、あなたが

生まれる前に決めてきた
自分の本当の使命と天職を見つけたい、

ビジネスとしても稼げるようになりたい

と思うのなら

「書く習慣」を身につけてください。

なぜならば、

書く習慣を身につけることで

アタマと心の中にある
不要な感情や思考、
余計な荷物を 降ろすことができるから、

今 本当にやるべきことに
集中できるようになるからです。

たとえば、
こんな感じです。

「いつも 前向きに
 がんばってるのに
 なんで 思うような結果が
 出ないんだろう?」

そんなふうに 
あなたは 感じることは
ありませんか?

私も以前はそうでした。

コツコツがんばっても 

想定した通りの
結果が出ないとき、

グルグル悶々としているとき

最初は 
やる気マンマンでも

どんどん モチベーションが 
落ちていきますよね。

───────────────────────

◆自分の感情と、どう折り合っていくか

───────────────────────

頑張っているのに
グルグル同じところを
めぐっているような気がする

迷走している、
うまくいかない原因は

「頑張りが足りない」
「スキルが足りない」んじゃないんです。

自分が空回りしている原因は、

心の中に たくさん 
たまりにたまっている
日常のネガティブな感情や 

子どもの頃からの 
不要な思い込みが
原因であることが多いのです。

自分の日々の埋もれた感情と
どう付き合うか、
どう折り合うか、

それは、
あなたが 自分の
使命や天職に 本気で生きるためには

とても重要な問題です。

そうした感情の 
たまり具合いは、  

仕事、家庭、家族環境、
人間関係、お金の問題、介護の問題、
健康状態、抱えている病気などなど、

その方の置かれている
日常的な環境、
ストレスのレベルによっても
もちろん異なりますが、

それがあまりにも大きいと
天職を実現するための
行動にも 集中できないからです。

でも 毎日 
ふつうに過ごしていれば

人間ですから
フツーに 出てくる
「感情」です。

いいものもあれば
あんまり 長く
抱えたくない感情もあります。

こうした 不安や 恐怖、怒り
イライラや ジェラシーなどの
ネガティブな感情、

子どものころから
知らず 知らず ため込んだ 
不要な思い込みを
早く 賢く 手放すことで

タイムリーに必要な情報や
ご縁が飛び込んでくるなど

成功者が 日常的に活用している
引き寄せや シンクロは 
みるみる 加速されていきます。

逆に 
もし、今自分の器が
不要なもので
いっぱいになっているとしたら

どんなに がんばっても
最終的に 自分が望む結果は 
出せません。

なぜなら
思考は 現実化するから――

自分の一番 根底にある
想いこそが 具現化するからです。

───────────────────────

◆感情を伴った思考だけが、現実化する

───────────────────────

私が過去学ばせていただいた
引き寄せのメンターの言葉によれば、

 「引き寄せ」には 落とし穴がある

 『思考だけでは現実化しない』とのこと。

 言い換えるなら

 『感情を伴わない
  思考は現実化しない』

 思考よりも、
 無意識下にある

 潜在意識と呼ばれている領域の意識や

 「感情」が、
 意識より 優先するためです。

 『思考は現実化する』を正確に言い直すと

 『感情を伴った 
  思考だけが 現実化する』

 『感情が 思考より 現実化する』 わけです。

いっくら
思考で あれこれ考えていても

そこに

あなたの真の意味での
感情や魂(ソウル)が
込められていないと

現実化は 
難しいという意味でもあります。

───────────────────────

◆「書く習慣」を通して、感情を手放す

───────────────────────

しかし、
重要なのは、

じゃあ、どうしたら
そうした ネガティブな思いを
うまく コントロールできるのか、

自分とうまく折り合いをつけて
早く 賢く 
手放すことが できるのか

ですよね。

方法はいろいろあるかと思います。

ですが、その中でも

私がまず、
真っ先に挙げたいのは

「書く習慣」です。

私の場合は、
自分の人生が
明らかに変わったな、

と痛感したのは

「自己受容」できるように
なったことでした。

それができたのも
「書く習慣」が あったからです。

今でこそ

「あなたの自己受容度は 
 何パーセントですか?」

と質問されれば、
間髪おかずに

「はい、もちろん100%です」

と、ごく自然体で答えられますが

ビジネスを始めたころ
むかしの私は
自己受容度 5%ぐらいでした。

ですが、
ある メンターの方に
ご縁をいただいて、
メンタルブロックを外していきました。

当時はまず
こんな ベビーステップから
始めました。

───────────────────────

◆まずは、意識の大掃除から始める

───────────────────────

日常のネガティブな感情、
子供の頃からの不要な思い込みを捨てる
2冊のノートを用意しました。

わたしは 子供のころから
ネガティブなことを

感じてはいけない、
書いてはいけない、
言っては いけない、、、

心のそこで
ずっと そう思っていました。

でも 
最高の自分を生きるためには

まず ありのままの 
自分を認めて 愛する こと
これが 基本中の 基本 になります。

そして ネガティブでも なんでも

自分の気持ちに蓋をしないで 
それを認めてあげる、

ちゃんと 外に
出してあげることが 
非常に 重要です。

当時、
私はこんなことをしました。

まず お気に入りの
(見るだけで 自分の気持ちが 
 アップするような)
小さなノートを2冊と ペンを用意しました。

ペンは なめらかに書ける
消すこともできる、

さらに 発色もよくて 
書いているだけで 
ウキウキしてくるものを
用意しました。

なにをするにしても
自分の中の 子ども心が 
ウキウキ&ワクワクするような

見るだけで 触るだけでも
気分がハイテンションになるような
そんな 自分の 遊び心が 
喜ぶものが用意しました。

ノートは 2冊用意し
1冊は 自分なりに 
ポジティブを 連想させる 明るい色
もう1冊は ダークな色にしてみました。

1冊目は 
 「感情日記 ポジティブノート
  (自分ほめ、ツイてること、感謝ノート)」

2冊目は 
 「感情日記 ネガティブノート」

にしました。

弱音を吐いたり
ネガティブなことって
言ったらいけない、

ネガティブなことを 言ったら
ネガティブなことが 起きる

自分の弱音や愚痴を書くなんて
とんでもない、、、
自分が許せない

あなたは 心のどこかで
そんなふうに 思っていませんか?

私も そう思っていました。
とにかく 溜め込んで

自分の中で、なんとか
無理やりにでも
「こう思うべき」
「こう感じるべき」
と 転換しようとしていました。

でも あるとき 
私が空回りしている原因は

ここにもあるな、
と気づいたんです。

まずは 
自分の意識の大掃除、

本当の自分
自分の本音と
向き合うことから
始めました。

この2冊は いつも持ち歩いて

あ、ツイてるな、嬉しいな、やったー!
ありがたいな、感謝だなあ~
と 思った瞬間に 書き留めました。

ポジティブノートは 
当たり前になってることも

今日が もし自分の人生の 
最後の日だとしたら 感謝すること、

ラッキー、ツイてたな、
と思ったことでも 

なんでも 思いついた時に
日常の 小さな 
いいこと探しを たくさんして

どんどん 書いていきました。

そして もうひとつの

ネガティブノートは 何を書いてもOK。
人に直接言えないような 暴言もOK。

内側にためこまないで 
とにかく そのまま書き出す。

配偶者への愚痴、
言うことをまったく聞かない
子どもへの愚痴も OK。

さらには 子どものころ
父親や 母親に 言いたかったこと
兄弟姉妹に 言いたかったこと

ここぞとばかりに
何でも 書き出してみました。

───────────────────────

◆自分の中に闇があってもいい

───────────────────────

わたしの場合は
やり始めたら 自分の根底にあった

子どものときにさかのぼって 
自分の根っこに引っかかっているような

親との関係 ネガティブな思いが 
次から次へと
浮上してきました。

このネガティブ・ノートは
誰にも 見せませんでしたし、

自分自身も読み返すことは
ありませんでした。

とにかく「出す」ことを
最優先しました。

当時、
わたしは 1年の終わりに
お焚き上げみたいなことを
してました。

心の中に いらないものが 
たくさんあると

心も体も 
元気がなくなっていきます。

自分の使命や天職に生きる
どころではなくなってしまいます。

ですから まずは

「書く習慣」を通して
(できれば、手書きの方がよいです)

自分の心と 向き合い
突破口を ひらいて 
あげることが

大事です。

ネガティブなことも
外に出すことに慣れてくると

だんだん
自分にツッコミをいれる

違う視点からも
冷静に見る

客観視したり
俯瞰することが
できるようにもなります。

たとえば、
あるときは、

私は娘の言動に 
アッタマにきて
ガンガン 書きました。

そのときは 
黒いネガティブノートに 
黒いペンで 黒みつこ よろしく、

 
とにかく 
理論もへったくれもなく
感じたことを、そのまま 
だーっと 一気に 書きました。

そして  

一晩寝て
ちょっと 自分が落ち着いたら

別の視点から
自分にツッコミを入れて

数値化したり
俯瞰して
書き込んでいくことをしました。

たとえば
自分のネガティブ感情を

「怒り」「不安」「もやもや」
のうちのどれかに
分類します。

そして 1から10で 数値化します。
(10は もう我慢できない、爆発寸前)

それも わかるけれど、

実は こうなんじゃないの?とか
明るい方向から 自分の気づきや学びを
淡々と 書き込んでいくんです。

ただ ネガティブなことを 吐き出してるだけだと
呪いのノートになっちゃいますが、

こうやって 
ネガティブノートの最後を 

別の色のペンで
もう一人の
自分からの視点で

ポジティブな気づきで 締めると 

自分の人生に 仕事に 人間関係に
建設的になることができます。

それを肥やしにして
前に向かって 進むことができます。

───────────────────────

◆何事も溜め込んではいけない、外に出す

───────────────────────

何が言いたいかというと、

何事も
ためこまない。

あなたの想いも、
感情や思考も 溜め込まない。

お金も、ご縁も、使命も
あなたの才能さえも
ためこまない。

外に「出す」ことが大事です。

書く習慣によって

外に出すことによって

あなたの本来のエネルギーは
豊かに流れ出します。

そして、あなたが今
本当にやるべきことに
集中できるようになります。

もし、あなたが

生まれる前に決めてきた
自分の本当の使命と天職を見つけて、

ビジネスとしても稼げるようになりたい
と思うのなら

「書く習慣」を身につけてください。

なぜならば、

書く習慣を身につけることで

アタマと心の中にある
不要な感情や思考、
余計な荷物を 降ろすことができるから、

あなが 本当の使命と天職に生きるために

今 本当にやるべきことに
集中できるようになるからです。

いつも心から
あなたを 応援していますロケット

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*

天職実現マスターキー講座
コンサルティング・プログラム

「これが本当に私のやりたいことなんだろうか?」
「私の使命、天職ってなんだろう?」

迷いがある、頑張っているのに実は稼げていない
40代起業した女性コーチの方へ

今のあなたの仕事を
本当の天職にバージョンアップする方法


スピリチュアルな手法と 地に足がついたコーチングの両輪で、
あなたの「本当の使命と天職」を一緒に見つけます。
ビジネスとしても稼ぐことができるように全力でサポートをします。


あなたは、こんな悩みはありませんか?
手紙自分の強みを生かせる天職を見つけたい。
手紙もっと豊かになりたい。自力で安定して稼げるようになりたい。
手紙飽きっぽくて続かない。スピリチュアルジプシーになっている。
手紙完璧主義の傾向、考えすぎる。先延ばしグセがある。
手紙時間管理がうまくできない。優先順位がうまくつけられない。
手紙ゆくゆくは、起業、独立したい。
手紙これから自分のビジネスをやっていきたい。
 でも何からやったらいいかわからない。

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。
こちらのメルマガ読者様限定で、特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ♪


※新規クライアント様募集、セミナーWS、
先行ご案内、メルマガ登録は こちらから↓

カテゴリ: ├書く習慣

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP