メモを最大限に活用するコツは?「たかがメモ、されどメモ」ヴィジョンメモをつけよう

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座


ブレない自分軸で
最高の自分と天職を生きる
行動習慣ナビゲーター

鈴木みつこです。

あなたは メモすること
大事にしていますか?

わたしも 
かなりのメモ魔です。

今日は、
メモを最大限に活用するコツ
について お話します。

*****************

もしあなたが、
ブレない自分軸をもって
もっと豊かに幸せに生きたいと
思うのなら

メモをとることを
習慣化してください。

なぜなら、あなたが 
何気なく書き綴ったメモには

「無から有を生み出す 魔法の言葉」

となりえる

大きな可能性が秘められているからです。

古今東西、今も昔も
成功者には、「メモ魔」が多いです。

モナリザなど数々の名画を残した、
天才と呼ばれるレオナルド・ダヴィンチも
メモ魔の一人。

有名な発明家のエジソンは、
その生涯でなんと
大学ノート3500冊分のメモを
残したそうです。

現代でも一流の経営者や
各界のリーダーたちにはメモ魔が多いです。

「え~ でも みつこさん、
 そんなふうに
 チマチマ メモを書くのは
 めんどくさいじゃないですかー」

という あなたの声が聞こえそうです。

しかし「たかがメモ」と侮るなかれ。

一見すると、
完成図がイメージできない

書き殴った 単なる散り散りの
まとまりがないように思える
メモの言葉たちですが、

それが有機的に結合して

ひらめきと ひらめきが つながり
化学変化が起こると

思いもよらぬ
素晴らしい大輪の花が
咲くのです。

車でも
パソコンでも
スマホでも

みんな最初は
誰かの頭の中の 
妄想から生まれたわけです。

その妄想、アイデアを
言葉に降ろし

それがメモになり、
製品となり、

やがて 世界を
大きく変えていったんですよね。

いま わたしたちが
日常、当たり前に使っているものだって

最初は 誰かの

こーなったらいいな
こんなのあったらいいな
便利だな

そうした アイデア
メモから生まれたものです。

「たかがメモ」
「されどメモ」なのです。

紙には 神が降りてくる
なんて 言いますが

ヴィジョンや ひらめきを 
言葉に降ろした
手書きのメモの言葉たち。

そうしたメモは 
私たちの人生を変え、
世界を変える力を持っています。

そして
メモをつけるときには、
メモには3つの種類が
あることを覚えておくと

書きっぱなしにせずに、
最大限に活用することができます。

(1)リマインダー・メモ
    やらないといけないこと
    思い出したこと
    予定を書き込むもの
    買い物リストなど

(2)アイデア・メモ
    ひらめき、思いついたことを
    書き留めるもの
    いつか、こんなことやってみたい、
    というアイデアなど

(3)ヴィジョン・メモ
    自分が実現したい人生ヴィジョン、
    使命やライフワークなどに
    関連することを書き留めるもの

ほとんどの人は

火事場の火消しならぬ
その場、その場で 
即、対応しなくてはならない

緊急性が高くて重要度が高い
「リマインダー・メモ」を
処理することに追われます。

もし多少、心と時間の
余裕があれば、

「アイデア・メモ」を
書き留めるかもしれません。

でも なかなか
自分の人生を鑑みる
「ヴィジョン・メモ」には
手をつけられない。。。

そもそも
そんなこと 
ふだん意識してないから

自分が人生でやりたいこと
ヴィジョンなんて 思い浮かばない、、、

わたしたちが
ふだん 書くメモの量は

「リマインダー・メモ」
  ↓
「アイデア・メモ」
  ↓
「ヴィジョン・メモ」の順が
一般的でしょう。

でも、それだと

自分の人生を 本質的に変えるために
真の意味での メモを有効活用することは
できません。

本当は、メモの重要度は、

「ヴィジョン・メモ」

  ↓

「アイデア・メモ」

  ↓

「リマインダー・メモ」

の順です。

あなたは
毎日 あれやらなくちゃ
これもやらなくちゃと

リマインダーメモで
いっぱいいっぱいに
なっていませんか?

「わたしは、この人生で
 今、何をすることを
 求められているのか?」

「わたしのことを
 本当に必要としている人は 誰か?
 そして、その人はどこにいるのか?」

「その誰かや何かのために
 わたしにできることは、
 何があるのか?」

もし あなたが
自分の人生を変えたい

ブレない自分軸をもち
最高の自分と天職を
自由にのびのびと生きたいと思うのなら

そうした 自分のヴィジョンに
直結するような
ヴィジョン・メモをとる

「最初にヴィジョン・メモありき」

まずは、それを強く意識するように
してください。

また わたしの場合
最近はこんな感じで 
日常メモをとっています。

まず 1冊
書き殴り用ノートを用意します。

100円ショップで売っているような
大き目の方眼ノートで

お気に入りの色の
太字のフリクションペンで

とにかくひらめいたら
書く、メモする

綺麗に書こう、

まとめようなんて
意識は サラサラなく

とにかく
ひらめいたら書く

感じたら 書く

アタマの中身を
即、見える化して
外に出す、

外化する
残す

みたいな感じです。

それを
空いた時間に
さらさら~っと
軽く 見直します。

そして これは
どうしても 残しておきたいと
思う大事なメモを

今度は
別の小さめのノートに
書き写します。

フセンを使って。

フセンを使うのは
あとで アイデアを
自由に紙面上 移動できるようにです。

このノートは
上記の説明のように

・ヴィジョンメモ
 (人生ビジョンに関連すること)

・アイデアメモ
 (とりあえず ひらめいたこと)

とタイトルをつけ
2冊 に 分けてあります。

そして ときどき読み返し

逆算手帳や
ミッションシート
Toodledoのアプリなどに

最終的には
日常の中に 行動として
落とし込んでいきます。

リマインダー・メモについては
わたしの場合は

以前お伝えした
To Doフセン下敷きを
活用しています。

ひらめいたら、思い出したら
即、フセンに書き、下敷きに貼る
一元管理をする。

長いスパンだったら
逆算手帳の マンスリーに
即、書き込む

とにかく
メモするコツは

その場で、即 行う
ことが 大原則です。

あなたも 
ぜひ 自分にとって
いちばんやりやすい方法で

メモをとることを
習慣化してみてください。

————
まとめ
————

あなたが、ブレない自分軸をもって
もっと豊かに幸せに生きたいと
思うのなら

メモをとることを
習慣化してください。

なぜなら、あなたが 
何気なく書き綴ったメモには

「無から有を生み出す 魔法の言葉」

となりえる

大きな可能性が秘められているからです。

いつも心から応援しています(*^_^*)

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜


「まだまだ できてない、もっとがんばらなきゃ」を卒業して、
「いま・ここ・わたし」を輝かせて生きませんか

あなたは、こんな悩みはありませんか?

手紙これまでの自分を変えたい、変わりたい。
手紙いい習慣をつけたいけど、どうやっていいのか方法がわからない。
手紙同じことを頑張って続けてきたけど、何かが違うと直感する。
手紙けっこうがんばっているのに、なんだかしんどい……
手紙起業して経済的自立をしたいけれど、自信がない。
 どこから始めたらいいかわからない。
手紙いままでは自分のことだけを考えてきたが、今後は少しずつ世の中に
 貢献していきたい。でも具体的にどうしたらいいかわからない。

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。

「ブレない自分軸+行動習慣づくり」
こちらを受講された方には、
特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ!


※セミナー、ワークショップの先行 募集案内、
 メルマガ登録は こちらから↓

カテゴリ: ├気づきノート

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP