イライラ&不安が止まらないあなたへ★筆記開示・エクスプレッシブ・ライティングとは?

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

ブレない自分軸+
行動習慣ナビゲーター

伴走&仕組みづくり 
専門コーチの 鈴木みつこです。

「何か不安があって 集中できない」

「ストレスが多くなると
 つい お菓子を食べてしまう、、、」

「やることがたくさんあるのに、
 何から手を付けていいかわからない」


イライラ&モンモン ぐるぐる思考
そうやって 今日も1日終わってしまう

明日こそは、、、がんばろう

そんなふうに感じること
ありませんか?

今日は、
そんなときに おすすめの方法
メンタル強化術について お話します。

自分が思ったこと、感情を
どんどん書き出していく

イライラや不安が止まらなくて
集中できないときには

筆記開示、
エクスプレッシブ・ライティング

やってみてください。

エクスプレッシブ・ライティングとは
自分の感情、思考を
とにかく 書いて 外に出すこと
書き殴る、見える化することです。

書き出すことは
ある意味、
掻き出すことにも つながります。

こうした筆記開示、筆記療法は
昔から 心理療法の世界では
たくさんの検証が進められていて

不安の解消やメンタルの改善への
高い効果が証明されています。

自分が思ったことや
感情を どんどん紙に書いていく
エクスプレッシブ・ライティングは、

ストレスを軽減する方法でもあり
近年の研究により
たった8分の 筆記開示でも
効果がでることがわかってきました。

わたしのコーチングでは
こんなふうに取り入れています

自分の感情や思ったことを
ひたすら書き出す
エクスプレッシブ・ライティング

わたしのコーチングでも
以前から、取り入れています。

わたしのコーチングでは
単発のセッションではなくて
セッションとセッションの間こそが
自己成長には いちばん重要と

平日は毎日 
クライアント様限定の
朝活と夜活の
メルマガ・コーチングを
お送りしています。

このメルマガ・コーチングも
どんどん今 進化しているのですが

次のセッションまでの間も
クライアントさんのペースに合わせて

チャットワークやメールを使って
毎日のように質問や報告をお受けし
フィードバックを 行っています。

その中で、この
筆記開示
エクスプレッシブ・ライティングを
行っているクライアントさんも
いらっしゃいます。

なかには、こうした
エクスプレッシブ・ライティングを

コツコツ 実践されて 行動を起こし
天職を見つけた方、

メキメキ いま 
成長している方も いらっしゃいます。

具体的にはどうやるの?

筆記開示
エクスプレッシブ・ライティングの
具体的なやりかたは

たとえば、毎日、仕事が終わったあとや
寝る前に、自分の感情を
20 分間書き出します。

20分が無理なら
8分でも よいです。

1冊 ノートを決めて 
論理的に書くとか まとめようとか
いっさいせずに

いま 自分の
頭の中にあることを

どーんと そのまま
まな板の上に 出す感じで

思ったことや
感情を どんどん紙に書いていきます。

わたしの経験から
スマホや PCオンラインで 
タイプするよりも

アナログ方法、手書きでやることを
強く おすすめしています。

紙、ノートに書くことによって、

「自分はこういうことを
 思っていたんだな」

とか

「こんな感情を抱いていたんだ」

ということが
俯瞰できるようになります。

エクスプレッシブ・ライティングのコツは?

うまく書こうとか
まとめよう
論理的に書かねば
イイことを書かねば

そういうことは 一切なしです。

そして 自分の不安や
ネガティブな感情を 書くだけではなく、

気づいたこと、

なんだ 案外 ここ
できるように なったじゃん!

と思うようなことも含めて

なんでも 思いついたことを
そのまま書きだせばいいんです。

わたしたちは ふだん
あんまり 自分の感情をそのまま
ダイレクトには 言葉にしたり
表現しませんよね。

飲み込んでしまうことも
多いのでは?

だからこそこうして、
エクスプレッシブ・ライティングで
自分の感情を言語化する

言葉にする練習をして
見える化すると いいんです。

エクスプレッシブライティングの
何がいいの?

こんなふうに
感情を書き出す
見える化するだけで、

メンタルが強くなり、

ストレスが大幅に
解消されることが
研究などでわかっています。

コーチングで 自分と向き合う
って よく言いますが、

自分と向き合うって
簡単そうで 難しいですよね。

でも、こんなふうに
自分の感情や思考を
文字として 書き出すことで

自分と向き合うことができます。

何よりも、
紙に書き出すことが
大事なんです。

そんなふうに
自分の感情から逃げないで
そのまま 向き合うと、

その感情を受け入れられる
ようになるからです。

心配や不安は
何も 悪いことばかりじゃ
ありません。

自分の感情や
不安な気持ちを
しっかり認められる人は、

緊張したり不安になったり

想定外のことが起きて
人生のピンチに陥った時も

すぐに 自分の軸に
戻ってこれるようになります。

ある研究によれば
エクスプレッシブ・ライティングを
5週間続けると、
ワーキングメモリが向上する
という結果も出ているそうです。

ワーキングメモリっていうのは
脳の認知機能の1つで、
短期記憶を司っています。  

このワーキングメモリの
キャパが小さい、

あるいは 
不要な心配、不安などで
いっぱいいっぱいに 
なっていれば いるほど

やる気もでないし、
イライラ悶々として
脳はつねに アイドリング状態です。

その逆に

このワーキングメモリの容量が
あればあるほど

つまり 不要なものは
外に出して 

空っぽにしておくほど

記憶や認知、
メンタルのコントロールが
ラクになり

感情もうまく
コントロールできるようになります。

わたし自身も 人間ですから
イラっとしたり
悶々思考に 陥りそうなときは
あります。

でも、そんなときは
お気に入りの 方眼ノートと

これまた お気に入りの色、
書き味のフリクションペンで

サラサラ~っと
書きまくります。

いえ、
怒りが爆発しそうなときは

とりあえず 書き殴ります。

あるいは
それでも 止まらないときは

トイレットペーパーに
太いペンで書いて
ジャーっと 
流してしまうこともあります。

たわいのないことに
思えるかもしれませんが

見える化した 想い、感情
イライラ、モンモン思考は

そこで スッキリとして

わたしは また 
自分がやるべきこと

「いま・ここ・わたし」の
自分軸に 戻ってきて

集中すべきことに 集中する

フロー状態に入って また
仕事や作業を
することができるようになるんです。

まとめ

イライラや不安が止まらなくて
集中できないときには

筆記開示、
エクスプレッシブ・ライティング

ぜひ やってみてください。

自分の感情や思考を
とにかく 書いて 外に出す

書き殴る、

見える化することが大事です。

さらに、
一人だと グルグル悶々思考に陥りがちな方は
フィードバックが もらえる仕組みがあれば
なおいいです☆彡

ぜひ やってみてください。

こちらの メンタリスト DaiGoさんの本にも
エクスプレッシブ・ライティングが
説明されています。すごく おすすめです。

いつも応援しています(*^_^*)

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜

ブレない自分軸+行動習慣コンパス(羅針盤)づくり
 コーチング・レッスン☆彡
 質問、お問い合わせは 
 ↓ 
★こちらからどうぞ♪

あなたは、こんな悩みはありませんか?

手紙これまでの自分を変えたい、変わりたい。
手紙いい習慣をつけたいけど、どうやっていいのか方法がわからない。
手紙同じことを頑張って続けてきたけど、何かが違うと直感する。
手紙けっこうがんばっているのに、なんだかしんどい……
手紙起業して経済的自立をしたいけれど、自信がない。
 どこから始めたらいいかわからない。
手紙いままでは自分のことだけを考えてきたが、今後は少しずつ世の中に
 貢献していきたい。でも具体的にどうしたらいいかわからない。

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。

こちらのメルマガ読者様には
特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ!


※セミナー、ワークショップの先行 募集案内、
 メルマガ登録は こちらから↓


ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP