あなたのマイ神社はどこですか?☆九頭龍神社の月次祭、箱根神社へお詣りしてきました(3)

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

こんにちは、鈴木みつこです。

風邪なのか、
ちょっと 体調を崩して
病み上がりなので

きょうは ゆるーく
書かせていただきますね。

あなたは
神社って好きですか?

わたしは けっこう
感じやすいタイプなので

お寺やお墓に行くよりも
(お墓参りには 行きますが)

神社へ行くほうが 好きです。

生まれる前に 決めてきた
「お役目」を思い出して 

天職に生きるうえで

わたしは ご縁をいただいた 
神社の神様とつながっていることを
大切にしています。

宗教うんうん
スピリチュアルうんぬん
めんどくさいこと
いっさいを超えて

なんでしょう
自分の源に ダイレクトに
つながるような 感じです。

先週から シェアしていた
箱根神社、九頭龍神社ですが
これは わたしの崇敬神社です。

もうひとつは
地元の一の宮

三嶋大社です。

ここは わたしの名前「充子」を
つけてもらった神社でもあり

お宮参りも
七五三も

成人したとき

結婚の報告も

自分の子どもたちの
行事ごとも

初詣も
ことあるごとに訪れ

わたしにとっては
ずーっと 見守りつづけて
くださっている

温かい 親のような
神様です。

あなたにも もしかしたら
そんな 大切にしている
神社があるのではないでしょうか?

箱根神社については

もともとは数多の武将が訪れる
心願成就、勝負の神として名を馳せ、
関東総鎮守 箱根権現と崇敬されていました。

かつては わたしは
神社は 人がたくさんいるときよりも

ひとりで ひっそりと
お詣りしたほうが 心地よい

人のアタマだけ 
見に行ってもショウガナイ

なんて 思っていました。

だから 最初は子どもたちと
ハイキングもかねて
何度か 月次祭以外の 空いている日に
訪れていたんです。

 

しかし、

このブログを書き始めた
2016年の春分の日を過ぎてから

自分が転機に入ったなと
感じたころがありました。

そのころから
なぜか 龍がすごく気になりはじめました。

そして 月次祭を 訪れるようになりました。

その後も

龍、龍神様にもいろいろあること

龍と蛇の神様は 違うこと

本物や ニセモノってなんだろうかと
たくさん本を読んだり 学んだりしはじめ

人間が私利私欲を満たすために
願をかけることや

ましてや 龍の使い手になろうとするなど
思い上がったことで

つかうのではない、
龍の背に 乗せていただくのだと

自分の体感を通して
気づいたことを 大切にしながら

龍神様に
願を かけにいくのではなく

誓いにいく

いつのまにか
そんなふうに なっていきました。

わたしにとって
いちばん 大切なこと

人生を通して 
究極的にやりたいことは

つなぐこと

「コーチングマインドを つなぐ」
ことなんです。

いつものことながら
森閑とした空気に 心も体も
深く癒されます。

九頭龍神社の月次祭

参拝祈願之証

月毎の「参拝祈願之証」が 12ヵ月分そろうと、
玉串拝礼の申込ができます。

いつもご挨拶をする マイ神社を決める

何かにつけて ご報告をして 感謝すれば、
神様とも ご縁がつながり
かわいがってくださる

と 言われます。

あなたが 天職に生きる

本当に やりたいことを 見つけて
ライフワークに 生きるときにも
もちろんそうですが

神様は 生まれたときから
あなたのことを あたたかく
見守ってくれているのではないでしょうか?

 

あなたの マイ神社は どこですか?

神社めぐりが大好きな わたしにも 
また ぜひ 教えてくださいね(*^_^*)

みつこ

芦ノ湖の湖上に立つ「平和の鳥居」

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜

あなたは、こんな悩みはありませんか?

手紙わたしの人生、本当にこれでいいのかと閉塞感に悩む
手紙自分でも何がやりたいのかわからず悶々とする
手紙今の仕事、家事育児だけでは満たされていない

手紙経済的に自立したい、でも何からやったらいいかわからない
手紙がんばっているけれど、いつも空回りしている
手紙いつも自分を責めて、がんばらないと自分には価値がないと思う
手紙やりがい、生きがいをもって、もっと豊かに暮らしたい

と、お悩みの方はぜひ チェックしてください。

こちらを受講された方には、
特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ!


※モニター様の先行 募集案内、
 メルマガ登録は こちらから↓

カテゴリ: 龍について

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP