「龍まみれ」の日々★無邪気な子ども心を解き放す♪

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

自分のスイッチをいれて
天命に生きる 自分しくみ創りの方法

ライフコーチの 鈴木みつこです(*^_^*)。

なんとなく 
生きづらさを感じる
あなた

自分にスイッチが入るのは 
少し時間がかかるけれど

でも 自分が
興味関心をもつ分野だったら

いったん スイッチが入ったら
ものすごい集中力を発揮する

時間がたつのも忘れる
ワクワクが止まらない♪

そんな経験は
これまでにも ありませんか?

そう。勉強や学び
お勤めの仕事でも
自分のビジネスを 起こすでも

家事や育児
自分のライフワークを
見い出すにしても

自分の根っこに

なんかわからないけど、
「これ、好き!」という感覚が
あるかどうかが

とっても大事ですよね。

もちろん 最初は 
これまで あまりにも

本当の自分を 
抑圧してきたがために

わからないかもしれない。

自分が在りたい姿なんて
すぐには 言語化できないかもしれない

でも 「好きになれそうな気がする」
「なんか楽しそう♪」

そんな 予感でもいいんです。

自分の無邪気な
子ども心を解き放してあげるのが
早くつながるコツです。

気づきノートを持ち歩いて
とにかく ひらめいたら
即 書き出す

「本当の自分」

「小さい〇〇ちゃん
(自分の子どものころの呼び名」

との対話を
たくさんする

とにかく 書き出してみる

1日1個 
小さい みっこちゃん
(と わたしは幼少時 呼ばれていました)

が 喜ぶことをする♪
でも よいです。

(幼稚園のころ。
 父が入院し、祖父母宅に妹と預けられる。
 毎日ひとりで、公共のバスで 幼稚園に通う
 みっこちゃんと 呼ばれていたころ)

自分の天命
ライフワークをみつける

それって おそらく
ただ 自分が 好きだから 
誰に 言われなくても 自然に続けてる

たんたん やってる
そんな部分が大きいのじゃ
ないでしょうか。

わたしの場合、
「書く」こともそうです。

ただ 好きだから やってる。
書かずには いられない、みたいな(*^_^*)

メルマガも ブログも
わたしからあなたへの 

メールレターのようなものなんです。

さて 
無邪気な子ども心を解き放す

小さい
みっこちゃんが
喜ぶことをする♪

ということで

ここ数日

「龍」とつながり

積極的に生活空間に
龍を取り入れ

たくさんの本を取り寄せ、
じんじん学んでみたり
ピンとくる 龍グッズを集めたりと

童心に返ったように 
無邪気に ワクワク「龍まみれ」に
なっていく日々☆彡

これも楽しいのです♪

というか、

誰かに背中を押されるような
そうせざるを得ない感覚で
(人生の節目に よくある)

どんどん情報が集まってくるのです。

ふしぎですね。

地に足をつけた行動を
大切にしながらも

自分の直観を研ぎ澄ませながら
いまここ 自分に必要なことを
素直に取り入れ、学んでいきます。

昨日は、取り寄せた本などを
片っ端から 読んで学んでいるうちに

なんとなーくこうかなと
思っていた

「龍神さま」と「龍」の違いが
少しずつわかってきました。

また、龍には、金龍や青龍、黒龍など、
いろいろな色があるわけですが、

これは中国の「五行思想」という、
この世界にある万物を
5つの基本要素(エレメント)で考える
古代の自然思想から来ているということを
学びました。

なぜかとくに
「金」の龍が 気になる
と昨日も書いたのですが、

そのわけがわかり
ビックリすることもありました。

とある本を読んでいて

自分にご縁がある
龍は 10体のうち

(青龍、赤龍、黄龍、白龍、黒龍、
 緑龍、紫紺龍、銀龍、金龍、九頭龍)

いったい 何色なのだろうと
想いをめぐらせてみたのです。

すると、目が最後まで食い入るように
残ったのは、「金龍」と「九頭龍」の
絵でした。

でも、最後の最後、
1つに絞る必要があったわけですね。

「えー 金龍は 気になる。

 でも 先日 箱根で
 はるばる 九頭龍神社本宮も 
 お詣りもしてきたし、

 御札もいただいてきたし、

 やっぱり、ご縁をいただいたのは
 『九頭龍』なのだろうか?

 と、悩みました。

 でも、『九頭龍』だと
 なぜだか、
 しっくりこなかったのです。

 わたしの中では
 今在る 龍は「金」色。。。

 絵を見ながら
 でも、この九頭龍の絵は、
 アタマが金色に描かれているから
 金龍と似ているから だからかなー

と、自分で自分を納得させようとしてました。

そして、なんの気なしに
ネットでいろいろ検索してみたのですね。

すると、驚くべきことがわかりました。

九頭龍神社は、
現在は箱根神社の境内に 
新宮があって、

その本宮は、芦ノ湖畔の
かなり離れたところにあり

その歴史も箱根神社と同じ古さと
されています。

箱根の九頭龍神社の創建に
まつわるお話しは、
こんな感じです。

—————————————-

日本全国の霊場を巡っていた
「万巻上人(まんがんしょうにん)」は、

奈良時代の757年(天平宝字元年)に
朝廷の命によって箱根の山岳信仰を
束ねるために箱根山に入り、

駒ヶ岳で3年間修行の後、
箱根大神の神託を得て
「箱根大権現」を祀る「里宮(箱根神社)」を創建。

しかし、その頃、芦ノ湖には
9つの頭を持った毒龍が棲んでいて
人々を苦しめていた。

さらに、里人は
人身御供を差し出す習慣があったとか。

そこで万巻上人は、
仏に祈って、毒龍に仏法を説いたところ、
龍が出現。

そして仏法を説き続けると、
龍はもう悪事をせずに
この地の守り神になると約束した。

上人は龍の約束が本物であるとわかり、
「九頭龍大明神」として祀ったとのこと。

————————————————–

わたしが驚いたことは

この九頭龍神社には
実は3色の龍が
祀られているとのこと。

そして、九頭龍神社本宮の龍は
名前のとおりの九頭龍ではなく

なんと、金龍と青龍の
2体の龍なのだそうです。

その姿と色は、

金竜は五行の白、青龍は五行の青で描かれて
いるのだとか。

更に、九頭龍神社本宮には
「白龍神社」もあって

ここにも 別に
わたしは お詣りしてきました。

実は、奥深い
九頭龍神社本宮を詣ったときには
ちょっとしたハプニングもあったのです。

いつものように
まわる 神社の分だけ
自宅を出る前に 用意していた
ポチ袋に 

神恩感謝と書いて
自分の名前を書き
お賽銭を しのばせて

準備万端で でかけて
お詣りしたのでした。

が、

九頭龍神社本宮で
お詣りをし

お賽銭箱に そのポチ袋を
すーっと すべらせて 
入れようとしたところ

そのお賽銭箱は 
中ほどが、スチールか何かで
斜めに重なったような
作りになっており

小銭であれば、チャリーン
ころころと 転がっていくのでしょうが

ポチ袋は ひっかかってしまい
そのまま 「神恩感謝 鈴木みつこ」と
書いた 上向きのまま

お賽銭箱の 上から
5分の4ぐらいのところで
引っ掛かってしまったのです。

「ひぇ~~」と思ったのですが
あとの 祭り。

なんとか お賽銭箱の
下に落ちないかなーと 
努力したのですが
無理でした。。。

「ママ、恥ずかしー

 お詣りした人に 
 名前が見えちゃうじゃん」と 

娘が 大笑いしていましたが、、、

ま、いっかー
神様に 名前を覚えてもらえるのは
ありがたいことかもしれない

そして きっと 
九頭龍神社の森の
管理人さんか社務所の方が

お賽銭の回収?に来てくれた時に
持って行ってくれるだろう、
引っ掛かったままには ならないだろう

そんなふうに 思って

ちょっと赤面しながら
あらためて ご縁をいただいた神様に
感謝して 帰ってきたのでした。

そんなハプニングを思い出しながら

わたしを守ってくださっているのは
やっぱり 金龍 龍神の神様なのかな
ありがたいことだなと

昨晩も 思いました。

人間として 自力でできることは
ぜんぶ する

そんな覚悟を決めた上で
龍の背中に乗せていただいて

これからも
自由に のびのびと
最高の自分を 生きたいなと
思いました。

あなたも
自分が なんとなく

「これ好き♪」
「楽しそう☆彡」と

五感を研ぎ澄ませ

自分のハートが喜ぶ
無邪気な子ども心を 
解き放してあげながら――

日々 心豊かで
内面の自由を いちばんに大切に

自分らしく
ステキに輝く毎日を
お過ごしくださいね!(*^_^*)

鈴木みつこ
【天命に生きる自分しくみ創り】
ライフコーチ&ソウルプランリーダー

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜

ソウルプラン・リーディング+ホリスティックパフォーマンス(体・心・魂+技)ライフコーチング

手紙自分がいま直面しているできごとは、もともとどういう意図で
計画してきたものなのか?
手紙それを解決するために自分に備わっている能力は?
手紙課題を乗り越えて目指すべき目標は何なのか?知りたい
手紙人生の課題に積極的に取り組み、自分の使命&天命に生きたい
というあなたは、今すぐこちらを↓チェック

自分スイッチを入れて
行動しつづける ワタシになる
天命に生きる 自分しくみ創りの方法を
知りたくありませんか?

こちらを受講された方には、
特別な条件でコーチングセッションが
受けていただけるオファーがありますよ!


無料メール・コーチング
【自分のスイッチを入れて天命に生きる方法】

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP