「わかるが、できる、変わるまで行く人の違い」樺沢紫苑先生の「読んだら忘れない読書術」を読みました

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

あなたは、本が好きですか?
そして、本から得た情報、学びを
即、実生活に落とし込めていますか?

今日は、「読んだら忘れない読書術」の
お話をします。

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜

 覚えていない、つまり「記憶」に残っていない
 ということは、

 それは「知識」として
 あなたの中に定着していないということ。

 もっといってしまえば
 その読書は、何の役にも立っていない

 ということと同じなのです。

精神科医 樺沢紫苑先生の
本が 素晴らしくて、

ここしばらく仕事の合間に
5分休憩のときに 自分へのご褒美で
何冊も 本を読みまくっています。

この「読んだら忘れない読書術」という本は

本から得た情報を
即自分の実生活に落とし込み

自分の血や肉とする 超具体的な方法が
書かれています。

わたしはこの本を読んで

自分が子どものころからやっている
本を読むときのクセが

なるほど、だから
それで よかったのだ!

とか

ああ、そういうことを
ことさら 強く意識すれば

本で読んだことは
右から左に抜けるのではなく

情報、知識として
活用できるのだということが
改めて よくわかりました。

これは 
本だけでなく、セミナーでも
何かを 学ぶ場合 すべて同じことがいえます。

いっときだけ
「あーよかった」
「わかったー!」
「感動した!」

と で終わりになっている人と

その学びを自分の糧にして
どんどん 自分の血や肉に変え

「わかる」が 「できる」になり

「変える」
人生を変容させていっている人の
違いが わかります。

わたし自身 子どものころから
本が大好きでした。

テレビはなくても生きていけますが
本がないと 生きていけないかもしれないくらい

読むこと、書くことは
むかしから 大好きなのです。

ちなみに
わたしは 本を1冊 最初から最後まで
丁寧に 順番に 読むということは
あまりないのです。

どちらかというと
同時進行で
ダーッと 一気に読む感じです。

もちろん 買っても
すぐに読まない本もあります。

以前は、Kindle デジタル本は
目が疲れるとか 読みにくくて
敬遠していたのですが
最近は 比率が増えてきました。

とりあえず、すぐにでも
情報がほしい!と 思った本で
Kindle版があれば そちらを優先的に買います。

そして、本当にこれすごい!!
と思った本

何度も読みたい本は

Kindle版を買って 読み終わってから
紙媒体でも 買います。

そして さらに

「ここに書いてあることを
 ぜひとも 自分のものにしたい、もっと学びたい!」

と思ったら

その著者の方に なんらかの形で
会いに行きます。

直接 生でお会いし、教えをこうカタチですね。

わたしがブレない自分軸を保ち
つねに進化成長し続けている 秘訣は
やはり 読書です。

そして それに組み合わせて
自分の血となり肉となるように
アウトプットを強く心がけている点です。

前回のブログで書いた
最初のメンターから

「出す80%、入れる20%」と

アウトプットの大切さを
徹底的に 叩き込まれたことも
今に 生きています。

読書なら、
まず ノートに 気づきや学びを
即、その場で 書きなぐりでもいいから
メモします。

あるいは
蛍光ペンでアンダーラインをひきます。

むかしは わたしは買った本
全部に 蛍光ペンで
アンダーラインをひきまくったものでした。

わたしが大切にしていた本の中身は
いつも まっピンクでした。

さらに フセンをぺたぺたはって
それに ポイントをメモすることもありました。

ただ なんとなーく本を読むのではなく
記憶に定着するよう何らかの
行動を 起こすというわけですね。

さらに それを48時間以内に 人に伝える
発信するなどですね。

アウトプットを前提にインプットを行い、
インプットをしたらアウトプットをする

アウトプットするからこそ
自分で活用できるようになるのでしょう。

「わかる」→「できる」→「変わる」

なにごとも
ここまでいかないと 本物ではありません。

樺沢先生の本の中で
「読んだら忘れない読書術」のキモが

こんなふうに わかりやすく説明されていました。

—————————————–
 本を読んで
 「1週間に3回アウトプットする」と記憶に残る。
 これが脳科学に裏付けられた記憶の方法です。

 読書に関連して私が行っているアウトプットは、
 以下の4つです。

 (1)本を読みながら、メモをとる、
    マーカーでラインを引く

 (2)本の内容を人に話す。本を人に勧める。

 (3)本の感想や気づき、名言を 
    FacebookやTwitterでシェアする

 (4)Facebookやメルマガに書評、レビューを書く

 これらの4つのアウトプットのうち、
 1週間以内に3つ行えば
 やらないときと比べて
 圧倒的に記憶に残ります。

—————————————–

まとめ

ブレない自分軸をつくるために

本から得た情報を
即 実生活に落とし込み
自分の血や肉とする方法があります。

それは

アウトプットすることを前提に
インプットをすること

「読んだら忘れない読書術」を身につけること

圧倒的な量のインプットをしながら
爆発的な量のアウトプット行動をしていくこと

人生の 1割に相当するスキマ時間を
あなたは「浪費」に使いますか、
それとも「自己投資」に使いますか?

この時間の使い方次第で、
あなたの人生は変わります。

あなたは
「自己成長」と「行動の変化」を引き起こす
読書術を していますか?

応援しています☆彡

鈴木みつこ

*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜

セミナーやワークショップなどは、
これからも メルマガで 先行で
お知らせをしますので お楽しみに♪

早く確実に情報をお知りになりたい方は、
上のバナーをクリックしてくださいね!

 ↓

カテゴリ: ◆行動&習慣化

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

この記事へのコメントを投稿します

PAGE TOP