行動習慣化は難しい? 3つのパーツに分けてみる

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

 

あなたは「行動」を
起こすのは、難しい

それを「習慣化」するのは 
もっと 難しい!

そんなふうに
感じることは ありませんか?

 

今日は

行動習慣を構成する
3アクション「準備編」

 

についてお話しますね。

 

───────────────────────

◆何か行動を起こす、習慣化しようと思っても
 うまくいかないのは?

───────────────────────

 

もしあなたが
天職を実現したいけれど

 

行動できない、続かない、と悩むのなら
こんなことを 強く意識してください。

 

 

行動とは、実は
3つにわけることができる。

 

1.準備
2.実行
3.後片付け

 

その中でも
行動習慣化に大事な
ポイントは

 

やることそのものではなく
「準備」と「後片付け」。

 

 

実行の部分は
ただ「楽しめばいい」

 

たとえば、こんな感じです。

 

 

天職をカタチにしたいのに
なかなかうまくいかない人は

 

行動しなくちゃ、
と やみくもに動いたり

 

精神力や根性で 
続けようとする傾向があります。

 

しかし何か
よりよい行動を習慣化し
天職を実現したい

 

自分の人生の質を
最大限に上げていきたい
と思うのであれば

 

精神力や根性で 
乗り切ろうとするのは
無理があります。

 

 

なぜなら

うまくいかないと
どんどん 自信を失い

 

「なんで 自分は 続かないんだろう」
「ああー ダメダメな わたし」と

 

ますます
自分にダメ出しばかりして
ネガティブな視点に
はまり込み 動けなくなるからです。

 

負の人生スパイラルに
落ち込んでしまうからです。

 

 

───────────────────────

◆行動は3つにわけることができる

───────────────────────

行動習慣化が上手い人は

自分にスイッチを入れるコツを
知っています。

 

 

行動するのが難しい
と感じるとき

 

まず

その行動を 3つのパーツに
分けて考えてみてください。

 

行動とは、実は
3つにわけることができます。

 

1.準備
2.実行
3.後片付け

 

行動・習慣化するのは難しいと
言われますが

 

実は、
「実行」の部分は

 

行動習慣化の ポイントではありません。

 

 

実行の部分は
「ただ 楽しむ!」

 

そこに徹すればいいんです。

 

行動習慣化の
ポイントは、

 

その前後の
準備と後片付けなんです。

つまり、入口と出口をととのえる。

 

 

準備のコツは、
2つあります。

 

(1)行動エネルギーを増やすこと

または

(2)行動に必要なエネルギーを減らす

ことです。

 

たとえば 

 

「朝 15分 早起きして
 自分と向き合う 
 コーチング・タイムをとる」

 

だと しましょう。

 

 

15分だけ早起きする

それは 一見
簡単そうに聞こえますが

 

行き当たりばったりに
やろう

 

起きれたらいいな~ レベルでは
習慣化は 難しいです。

 

 

ですから
ここでさきほど
お伝えしたように

 

自分にできそうな
「準備」「実行」「後片付け」の
3つのステップ

 

さらにそれを
ベビーステップに
分解してみるのです。

 

 

翌朝 15分 早起きするために
できること 「準備」って 
どんなことでしょうか?

 

───────────────────────

◆「準備」のコツとは?
 行動エネルギーを 増やす?

───────────────────────

 

まず
(1)行動エネルギーを増やす」

のは どんなことをすればいいか?

 

これは 何を 
行動習慣化するにも
応用できますが、

 

たとえば こんな感じです。

 

□誰かと一緒にやる
 (伴走者をもつ)

□誰かのためにやる

□宣言する

□実行の前にイメージする

□トリガー(きっかけ)となる
 グッズを用意する

□紙に書いて貼る

 

などです。

 

15分 早起きする

わたしなら
「誰かと一緒にやる」

 

 ⇒ 一人で頑張るのはやめます。
   コーチと いっしょにやります、
   コーチに 報告する仕組みをつくります。

 

「誰かのためにやる」

 ⇒ 早起きを 自分の夢やヴィジョンに結びつけます。

   15分 早起きして
   自分タイムをもつことで
   自分が どんなふうに ととのうか、
   元気にイイ気分で1日をスタートできるか、

   それがゆくゆくは
   誰かのために どんなふうに
   自分を役立てられるか、
   イメージしたり、書き出します。

 

「宣言する」

 ⇒ 寝る前に、自分自身に
   明日は 〇時に 起きる
   と 宣言します。
   

「実行の前にイメージする」

 ⇒ 翌朝 15分 早起きしたら
   そこから さあ 何をやろうかな~~
   ではなく

   何をするか
   あらかじめ 決めておきます。

 

   自分が「本当にやりたいこと」を即行う
   準備をととのえておきます。

   例:ブログを書く、資格試験の勉強をする

 

などです。

 

 

───────────────────────

◆行動エネルギーを 減らすためには?

───────────────────────

 

逆に、

(2)必要なエネルギーを減らす、では

 

□既存の(もうできている)
 習慣にくっつける

 

□今まで うまくできたときの
 ことを 振り返って
 それを 分析して、取り入れる

 

□アクションを減らす

□同じ時間に
□同じ場所で
□同じ方法で やる

 

□質は気にしない
 (いい加減で OK)

 

「既存の習慣にくっつける」

 

「今まで うまくできたときの
 ことを 振り返って
 それを 分析して、取り入れる」

 

では 

わたしの場合なら
こんな感じです。

 

 ⇒ 朝起きたら、
   手のひらの中央のツボを
   ギュッと押すと 目が覚める

   起きたら、
   まず窓を開けて
   ベランダの外に出て
   空をみる、朝日を浴びる

 

   そうすると、
   集中力もバッチリで
   書くこともできる
   1日爽快で過ごせることを思い出す。

 

なんでもいいです。

 

あなたにも すでに できていること
こうすると 心地いいこと

 

過去やって うまくいったときの
小さな 成功体験が 必ず あるはずです。

 

そうした 既存のできている習慣に
くっつけたり

 

過去うまくいったときの
自分だけのパターンを
思い起こして みるのです。

 

 

そして、できるだけ
アクションは シンプルにする

 

 

めんどくささを 減らすためにも

同じ時間に
同じ場所で
同じ方法で やる ことが
大事です。

 

 

さらに
習慣化のコツ

まずは、質は気にしない
 (いい加減で OK)

 

完璧主義ではなく
最善主義になる

 

ここが
重要です。

 

 

行動習慣化するための
3つのアクション

1.準備
2.実行
3.後片付け

 

のうちの
1.準備について
お話しました。

 

このように
行動習慣化と 一言でいっても

 

実は
3つのパーツに分かれること

準備 → 実行 → 後片付け

があるわけです。

 

 

行動習慣化するための
ポイントは

「準備」と「後片付け」の部分です。

 

「実行」そのものは

楽しむ!

ただ やってみる

 

それだけです。

 

 

あなたが 
自分の使命と天職を見つけて
最高の自分を生きるために

 

ビジネスとしてカタチにするために

いま感じる
自分の課題って なんですか?

 

その課題を改善するために

行動習慣を構成する
3アクション
どんなふうに 取り入れることが
できるでしょうか?

 

もしあなたが
天職を実現したいけれど

 

行動できない、続かない、と悩むのなら
こんなことを 強く意識してください。

 

行動とは、実は
3つにわけることができる。

 

1.準備
2.実行
3.後片付け

 

その中でも
行動習慣化に大事な
ポイントは

 

やることそのものではなく
「準備」と「後片付け」。

 

 

実行の部分は
ただ「楽しめばいい」

 

以上、今日は

行動習慣化するにもポイントがある

について お話しました。

 

いつも心から
あなたを 応援しています!

 

 

鈴木みつこ

 

カテゴリ: ◆行動&習慣化

ban1 天職実現マスターマインドコーチ育成講座

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP